障害者雇用率トップ企業はリヒトラブ、雇用者が100人を超える資生堂が6位--『CSR企業総覧』注目データランキング


 少し古い資料となるが、第3回のダイバーシティ経営大賞への資生堂の応募資料(09年冬応募)には、「“誰もが生き生きと働くことができる職場づくり”に向けた取り組みの一つとして、障がい者の雇用促進に取り組んでいる。」とある。確かに、05年度2.52%、06年度2.54%、07年度2.77%、08年度2.78%と順調に数字はアップ。09年度も含めて着実に成果を上げていることがわかる。

さて、厚生労働省の調査によると多くの障害者が働く小規模施設などの平均工賃(賃金)月額は1人あたりわずか1万2695円。一方、大手企業ではその10倍以上の給料を支払うこともある。

企業が障害者を雇用することは障害者本人にとって自立につながることはもちろん、障害のある人が福祉対象から納税者に変わるという経済的なメリットも見逃せない。経済的に安定した障害者が増えれば、国の負担も減少する。企業が果たす役割は非常に大きい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。