障害者雇用率トップ企業はリヒトラブ、雇用者が100人を超える資生堂が6位--『CSR企業総覧』注目データランキング

障害者雇用率トップ企業はリヒトラブ、雇用者が100人を超える資生堂が6位--『CSR企業総覧』注目データランキング

多様な人材を活用し、企業の競争力強化につなげる「ダイバーシティ・マネジメント」も徐々に一般的になってきた。数年前までは「ダイバーシティ(多様性)といえば女性問題」という企業も少なくなかったが、最近、東洋経済が主催するダイバーシティ経営大賞の応募企業を見ていると女性以外にも、外国人、障害者をテーマに挙げるケースが増えてきている。
 
 この3つのうち、企業が雇用義務を負っているのが「障害者」の雇用だ。従業員が56名以上の民間企業は法定雇用率1.8%と定められている。常用雇用労働者数が200人超で1.8%に達していない場合は、障害者雇用納付金を支払わなければならない。この納付金が数千万円規模になる企業もあるという。

今回は『CSR企業総覧』2011年版掲載1132社の中から、障害者を直近時点で10人以上雇用している602社を対象にした障害者雇用率のランキングをご紹介する。上位には法定雇用率を大きく上回る企業が並ぶ。では、結果を見ていこう。

1位は3.93%(09年度)のリヒトラブだった。事務用品中堅の同社の障害者雇用者数は12人。08年度3.77%、07年度4.12%と高い水準を維持している。

2位は日清製粉グループ本社3.90%( 12人)。ただ、同社は持ち株会社の数字であることに注意が必要だ。グループ全体では2%台となる。

3位は新潟が地盤の地方スーパー、原信ナルスホールディングス3.50%(33人)。以下、4位星和電機3.31%(20人)、5位マミーマート3.18%(25人)、6位資生堂3.02%(108人)までが3%を超えている。

上位企業の中で、雇用者数が100人を超えているのが6位の資生堂だ。今回のランキング対象企業で100人以上採用は150社あるが、雇用率3%を超えているのは同社1社だけだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT