有料会員限定

メタバースが生む巨大市場 かつての「セカンドライフ」とは違う

印刷
A
A

参入企業の顔ぶれは多種多様。以前のブーム時とは技術や価値観の面で変化も。

個人クリエーターが集結「MetaAsakusa」

特集「全解明 暗号資産&NFT」の他の記事を読む

雷門から仲見世通りを抜けると、浅草寺の本堂が見えてくる──。メタバースと呼ばれる仮想空間上で、独自の世界をつくれる米国発のサービス「ザ・サンドボックス」。ここに「MetaAsakusa(メタアサクサ)」を構築中なのが、普段カメラマンとして活動する武藤裕也さんだ。

コンピューターグラフィックス(CG)制作についてはまったくの素人だったが、2021年12月、仮想世界に浅草寺周辺の風景を再現するプロジェクトを発足させツイッターなどで呼びかけたところ、多くの個人クリエーターの協力を得た。「協力者の皆さんの熱量がものすごい」(武藤さん)。今後はさい銭を納められる機能なども実装していきたい考えだ。

暗号資産、NFT(非代替性トークン)と並んで注目を集めるメタバース。その中でユーザーは自身のアバター(分身となるキャラクター)を介し、ほかの人々との交流などができる。ヘッドセット型のVR(仮想現実)デバイスのほか、パソコンやスマートフォンで楽しめるものも多い。コロナ禍でリアル空間に大人数が集まりにくい中、その代替としても熱狂度を高めている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
全解明 暗号資産&NFT
次世代のトレンドになるか
フェイスブック 味澤将宏/クラスター 加藤直人/サードバース 國光宏尚
バーチャルの世界で一獲千金のチャンス
かつての「セカンドライフ」とは違う
「NFT」にかける大手ネット企業の真意/GMOインターネット 会長兼社長 熊谷正寿
「NFT」にかける大手ネット企業の真意/ミクシィ 社長 木村弘毅
草の根的に急拡大
広がるNFT・メタバース経済圏
ビットコインとは一線画す
デジタル証券で投資家保護に弾み
1年で時価総額は4.5倍の17兆円に
価格の変動が起きる「3つのサイン」
2大交換所の創業者を直撃!/コインチェック 大塚雄介
2大交換所の創業者を直撃!/bitFlyer 加納裕三
「冬の時代」を乗り越えた
二極化する暗号資産投資家
これからの投資・ビジネスに欠かせない
全解明 暗号資産&NFT
メタバース革命が始まる
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内