有料会員限定

膨張するステーブルコイン 1年で時価総額は4.5倍の17兆円に

印刷
A
A

当局が想定する通常の送金・決済用途以外での利用が拡大している。

米下院の公聴会で証言する米サークル社のジェレミー・アレールCEO(Bloomberg/寄稿者)

特集「全解明 暗号資産&NFT」の他の記事を読む

「米国はインターネットの中心通貨として米ドルの使用を積極的に促進すべきだ」

昨年12月8日、暗号資産関連企業6社の経営トップが招かれた米下院金融サービス委員会の公聴会。時価総額第2位のステーブルコイン、「USDコイン(USDC)」を発行する米サークル社のジェレミー・アレールCEOは、規制導入を提唱する議員らを前に、普及促進の重要性を訴えた。

価値が乱高下するビットコインなどと異なり、裏付けとなる準備資産を持つなどして法定通貨と価値をひも付けるのが、ステーブルコインだ。暗号資産投資がブームとなる中、USDCや米テザー社が運営する時価総額1位の「テザー(USDT)」など米ドルと連動したステーブルコインの発行が急拡大し、1月11日時点の時価総額は1522億ドル(約17兆円)と1年前の4.5倍にまで膨らんでいる。

これを受けて世界の当局は一斉に制度整備へ動き出した。焦点の1つは、発行者が保有する準備資産だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
全解明 暗号資産&NFT
次世代のトレンドになるか
フェイスブック 味澤将宏/クラスター 加藤直人/サードバース 國光宏尚
バーチャルの世界で一獲千金のチャンス
かつての「セカンドライフ」とは違う
「NFT」にかける大手ネット企業の真意/GMOインターネット 会長兼社長 熊谷正寿
「NFT」にかける大手ネット企業の真意/ミクシィ 社長 木村弘毅
草の根的に急拡大
広がるNFT・メタバース経済圏
ビットコインとは一線画す
デジタル証券で投資家保護に弾み
1年で時価総額は4.5倍の17兆円に
価格の変動が起きる「3つのサイン」
2大交換所の創業者を直撃!/コインチェック 大塚雄介
2大交換所の創業者を直撃!/bitFlyer 加納裕三
「冬の時代」を乗り越えた
二極化する暗号資産投資家
これからの投資・ビジネスに欠かせない
全解明 暗号資産&NFT
メタバース革命が始まる
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内