いつの間にかゲーム屋、それもなんか面白い--南場智子 ディー・エヌ・エー社長[中]


 当時はインターネットの勃興期、飛ぶ鳥を落とす勢いの米ネットオークション・ベンチャー、イーベイに話が移り、「ソネットさん、やったら」。日本にもネットオークションの時代が来る、という確信があった。何げなく振った南場に山本が、「それなら、あなたがやれば」。

「本当に事業の可能性を確信できる人じゃないと新規事業は難しい。なら、あなたがやるのがいちばん」

言われた南場は、プロジェクトを立案するだけでなく、自分でやってみたいと思い始めていた矢先だった。「そこで火がついちゃった。もうそれしか考えられなくなった」。

マッキンゼーの後輩、川田尚吾(現ディー・エヌ・エー非常勤取締役)を昼食に誘い、いきなり「私がやりたい。一緒にやらない?」。南場と川田はそれぞれが優秀と見込んだ人材を口説き落とし、ソネットに加えリクルートの出資も取り付ける。

ベンチャーキャピタル、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)代表の村口和孝にとって、初対面の南場は「いかにもマッキンゼー・エリート。メラメラメラ~」なオーラを放っていた。が、南場への出資は、2カ月間、留保する。ネットオークションへの着眼はいい。が、ゼロから事業を立ち上げる泥臭い工程を、南場が実感を持って理解しているのかどうか──。

それでも出資を決断したのは、「情熱としつこさに打たれた」から。課題を指摘すれば、次に会うときには、アドバイスを消化したうえで確実に解決してくる。回転の速さや処理能力はもちろんだが、それだけではない。根性と執念が、ビンビン伝わってきた。「これは面白いかも」。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。