有料会員限定

客の心をつかむコピーはどう生み出せばよいのか マーケティング|その気にさせたい!

印刷
A
A

顧客の琴線に触れる言葉を生み出す方法をコピーライターが伝授。

(yaophotograph / PIXTA)

特集「無敵の文章術」の他の記事を読む

「言葉の企画」。コピーライターとして、私は自分の仕事をそう定義している。コピーを書く、つまり「言葉を企てる」ことは、商品やサービスのPRについて考える場面はもちろん、仕事のあらゆる面で効果を発揮する。

なぜなら、コピーを書くことで「あ、そうそう!」「わかる!」「そういうことか!」という気持ちの共有が可能になるからだ。共鳴が広がっていくことはビジネスを動かす力になりうる。

それでは早速、私が実践してきたコピーの書き方を紹介したい。まず知ってほしいのは、「コピーは3つの接続詞で書ける」ということだ。その3つとは「そもそも」「例えば」「つまり」。下の図にも示したが、これをコピーのフレームと呼ぶ。ここでは例として、「アイドル」のコピーを作るという前提で話を進めていく。

アイドルとは歌って踊れるタレントである、と考える人は多いと思う。だが、一度立ち止まって考えたい。それは本当だろうか?

重要なのは、「問い」を立てることだ。あるものの魅力を多くの人に伝えるために、手段としてコピーを作る。当然、ステレオタイプなイメージを提示するだけでは、「そりゃそうだ」となり、人の心をつかむコピーにはならない。その「あるもの」が「そもそも」何なのかを捉え直す必要があるのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
無敵の文章術
書籍|オススメ本はコレ!
定年後|すてきに見せたい
寄稿|日本語への熱き想い
創作|作家になりたい
脱・ボキャブラリー不足
研究|大学講師になりたい!
投稿|人気者になりたい!
禁句|知らないと危ない!
コミュニケーション|いいね!をもらいたい
コミュニケーション|みんなに読ませたい!
コミュニケーション|ガツンと響かせたい!
コミュニケーション|確実に伝えたい!
インタビュー/国立情報学研究所 新井紀子
就活・転職|しっかり伝えたい!
最後の切り札|鼓舞したい!
マーケティング|その気にさせたい!
販促|口説き落としたい!
社外文書|突っ込まれない!
社内伝達|無駄を省きたい!
提案|瞬時に伝えたい!
はじめに|うまくなりたい!
うまく書けない人に試してほしい文章術
はじめに|自分を変えたい
無敵の文章術
あらゆるシーンの「文章術」を完全網羅!
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内