当事者にしかわからないシビアな悩み、がん患者・家族のリアル PART1 がん患者学の基礎

印刷
A
A

仕事、家族、お金など、治療以外でも十人十色の悩みを抱えている。

「毎年の健康診断ではいっさい問題なかった自分が、まさかがんとは驚きだった」

岐阜県在住の団体職員、大東篤史さん(46)はそう振り返る。発見につながったきっかけは、今から10年前の秋、右脇腹に感じた違和感だった。かかりつけ医に相談して血液検査などを行ったが異常はない。

昨年フルマラソンで2時間53分台を出した大東篤史さん

だが、その後も断続的に違和感が続くため、頼み込んで地元の総合病院でCT(コンピューター断層撮影)検査を行ったところ、左の腎臓に腫瘍が見つかった。MRI(磁気共鳴断層撮影)による精密検査を経て、8〜9割の確率で腎臓がんだと告げられた。2011年3月、37歳の若さでのことだ。

違和感があったのは、右脇腹だったが、腫瘍があったのは左の腎臓。つまり、こと腫瘍に関しては、症状も違和感もいっさいなかった中で見つけられたのは、「不幸中の幸いだった」(大東さん)。

くしくも大東さんの父親は37歳のときに、胃がんで亡くなっている。当時小学1年生だった大東さんにとって、がんは不治の病とのイメージが植え付けられた。父の亡くなった年齢に近づいた35歳ぐらいから、多少なりともがんを意識するようになったという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
がん治療の正解
世界の研究論文を分析してわかった
がん免疫療法の無法地帯
インタビュー/京都大学特別教授 本庶 佑
免疫の権威が語るがんとの関係
PART4 健康を維持する免疫のしくみ
「異常なし」でも安心は禁物
肝臓がん|脂肪肝由来の患者が増加
子宮がん|子宮頸がんは検診が有効
予防的な手術も対象
乳がん|タイプ別の薬の組み合わせがカギ
肺がん手術は歴史的局面に
肺がん|死者数が最も多いがん
大腸がん|高い診断力が求められる
PART3 6つのがんの徹底解説|胃がん
日米がん治療の違いを比較
インタビュー/国立がん研究センター中央病院 島田和明 病院長
感染拡大に医療者と患者はどう対応したか
最新治療4|光免疫療法
最新治療3|重粒子線
最新治療2|ロボット手術
Part2 がん治療最前線|最新治療1 薬物療法
ウイルスをがん治療に活用
「先進医療」に惑わされるな
信頼性の低い情報にだまされない
患者は自分の未来が見たい
国内最大級のがん経験者組織を運営/5years代表 大久保淳一
がん治療の正解
標準治療の最前線
当事者にしかわからないシビアな悩み、がん患者・家族のリアル
PART1 がん患者学の基礎
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内