有料会員限定

「免疫の力は無限に近い、がんは治せる病気になる」 インタビュー/京都大学特別教授 本庶 佑

印刷
A
A
京都大学特別教授 本庶 佑(ほんじょ・たすく)1942年生まれ。66年京都大学医学部卒業。米カーネギー研究所客員研究員、米国立衛生研究所客員研究員、京都大学医学部長などを経て2017年から現職。PD-1の発見者。ロベルト・コッホ賞、文化勲章など受賞・受章多数。18年にノーベル生理学・医学賞受賞。(撮影:尾形文繁)

特集「がん治療の正解」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年9/5号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

がん細胞は、免疫細胞からの攻撃を逃れることで増殖を続ける。免疫の働きのブレーキ役になるのが、PD-1という分子だ。本庶佑教授は免疫チェックポイントと呼ばれるこの分子を発見し、その働きを妨げる抗体を治療に応用することで外科手術、放射線治療、化学療法に次ぐ第4のがん治療法を確立させた。

──世界中で免疫チェックポイント阻害薬が開発されています。PD-1発見が、がん治療に与えたインパクトをどう捉えていますか。

免疫チェックポイント阻害薬が登場するまでのがん治療には、外科手術を除けば放射線治療と化学療法の2種類があった。これらの治療法との大きな違いは、抗PD-1抗体では完治割合が上がったこと。また、投与をやめるとすぐにがんが大きくなるこれまでの治療法と比べて、効果が長く続くことも異なる。がん細胞が免疫細胞にかけているブレーキを外すという仕組みを応用すれば、1つの薬剤であるのに、原理的にはすべてのがんに適用が拡大されることも十分に考えられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
がん治療の正解
世界の研究論文を分析してわかった
がん免疫療法の無法地帯
インタビュー/京都大学特別教授 本庶 佑
免疫の権威が語るがんとの関係
PART4 健康を維持する免疫のしくみ
「異常なし」でも安心は禁物
肝臓がん|脂肪肝由来の患者が増加
子宮がん|子宮頸がんは検診が有効
予防的な手術も対象
乳がん|タイプ別の薬の組み合わせがカギ
肺がん手術は歴史的局面に
肺がん|死者数が最も多いがん
大腸がん|高い診断力が求められる
PART3 6つのがんの徹底解説|胃がん
日米がん治療の違いを比較
インタビュー/国立がん研究センター中央病院 島田和明 病院長
感染拡大に医療者と患者はどう対応したか
最新治療4|光免疫療法
最新治療3|重粒子線
最新治療2|ロボット手術
Part2 がん治療最前線|最新治療1 薬物療法
ウイルスをがん治療に活用
「先進医療」に惑わされるな
信頼性の低い情報にだまされない
患者は自分の未来が見たい
国内最大級のがん経験者組織を運営/5years代表 大久保淳一
がん治療の正解
標準治療の最前線
当事者にしかわからないシビアな悩み、がん患者・家族のリアル
PART1 がん患者学の基礎
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内