がん治療の正解 標準治療の最前線

印刷
A
A

がんは2人に1人がかかる病気だ。適切な治療法を選ぶために、まず知っておきたいのが「標準治療」。不正確な情報に翻弄されない、がんとの正しい向き合い方ガイドをお届けする。

本誌:長谷川 隆、風間直樹、井艸恵美、石阪友貴

週刊東洋経済 2020年9/5号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「がん治療の正解」の他の記事を読む

「お酒を交えながら楽しく情報交換をするのが好きだった。今も仲間が誘ってくれるが、毎回断るのが忍びない」

今年1月に胃がんの手術をした50代の男性は、長年企業の広報担当を務め、仕事仲間と会食をする機会が多かった。しかし手術後は、食べられないものがあったり、食べたものが逆流してしまうことがあったりするため、誘われてもつい二の足を踏んでしまう。

未経験者の多くが誤解しがちだが、がん治療は手術をしたらそれで終わりというわけではない。多くの患者は抗がん剤など薬物療法に加え、再発・転移の可能性や後遺症などとの闘いを続けている。それまで寿命など意識していなかった人でも、「5年生存率」を当てはめられ、孤独と不安の日々が続く。

がんを発症していない人も無関係ではない。新型コロナウイルスの影響で検診や検査を控える人が増え、がんの発見が遅れることも懸念されている。

コロナ禍で健康への意識が高まっている。科学的根拠のない医療情報にだまされてはいけない。治療法や予防法が玉石混淆である今だからこそ知っておきたい、がん治療の「正解」をお届けする。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
がん治療の正解
世界の研究論文を分析してわかった
がん免疫療法の無法地帯
インタビュー/京都大学特別教授 本庶 佑
免疫の権威が語るがんとの関係
PART4 健康を維持する免疫のしくみ
「異常なし」でも安心は禁物
肝臓がん|脂肪肝由来の患者が増加
子宮がん|子宮頸がんは検診が有効
予防的な手術も対象
乳がん|タイプ別の薬の組み合わせがカギ
肺がん手術は歴史的局面に
肺がん|死者数が最も多いがん
大腸がん|高い診断力が求められる
PART3 6つのがんの徹底解説|胃がん
日米がん治療の違いを比較
インタビュー/国立がん研究センター中央病院 島田和明 病院長
感染拡大に医療者と患者はどう対応したか
最新治療4|光免疫療法
最新治療3|重粒子線
最新治療2|ロボット手術
Part2 がん治療最前線|最新治療1 薬物療法
ウイルスをがん治療に活用
「先進医療」に惑わされるな
信頼性の低い情報にだまされない
患者は自分の未来が見たい
国内最大級のがん経験者組織を運営/5years代表 大久保淳一
がん治療の正解
標準治療の最前線
当事者にしかわからないシビアな悩み、がん患者・家族のリアル
PART1 がん患者学の基礎
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内