開運だけじゃない!おせちの健康食材とは?

コンビニでもゲットできる食材がいろいろ

おせちは健康&開運食材の玉手箱!(写真:yuuyuu / Imasia)

10数年前までは、おせち料理は各家庭で作るものであり、12月の最終週はどこのご家庭も大忙しだったものです。

しかし近年、おせち料理はデパートなどで買うという方も多く、そして近所のコンビニにも年末から縁起のいい食材が並ぶようになりましたね。大みそかの「年越し蕎麦」もしかり。縁起のいい食材について、健康面も考えながら選択してみましょう。

まずは大みそかの「年越し蕎麦」

大みそかに蕎麦を食べる風習は、諸説はありますが、江戸時代中期にはもう定着していたそうです。「年越し蕎麦を残すと次の年の金運が悪くなる」「年を越してから蕎麦を食べると細く長い縁が切れてしまう」などの謂れもあるので、年越し蕎麦をいただく時は、新年を告げる除夜の鐘がなる前に、1本も残さず食べ、ビジネス運気(金運)を上げておきましょう。

蕎麦は低カロリーなうえ、寒さしのぎに役立つ鉄分や、血流をよくしてくれるルチンなどの栄養素が入っており、高血圧や動脈硬化予防にもなるでしょう。年が明けるとまたご馳走ざんまいなので、大みそかは“正月太り”に備えて、蕎麦で軽めの食事が健康運をもアップさせるかもしれませんね。

各社コンビニでは、通常メニューでも定番のきつね蕎麦、ざる蕎麦、天ぷら蕎麦、ネバネバ蕎麦、山菜蕎麦などが並んでいます。大晦日限定の年越し蕎麦では、鴨や鶏、大えび天など、豪華なものも並ぶので要チェックです。野菜が不足するので、薬味のネギなども残さずいただくようにしましょう。

次ページおせち料理は健康と運気を上げる玉手箱
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT