日本品質モバイルバッテリー躍進のワケ

「アマゾンハック」が2015年のバズワードだ!

Power Plus 3 13400mAhでは、この「アマゾンハック」ともいえる手法について、今回の場合は日本製の部品調達という新しい変数に対応するためにも活用した。販路をAmazon.co.jpに絞り、生産から物流、販売プロセスのシンプル化を図った。このことは、低価格化にも寄与していると東氏は話す。

その結果はどうだったのだろうか。

「今回もたくさんのお客様に好評を頂きました。Amazon.co.jp限定での販売にも関わらず、リリース記念価格の初期ロット2万台が10時間に満たない短時間で完売しました。その後、通常価格のロットも数日で完売し、現在安定供給に向けた調整を行っています」(東氏)

今回の成功は、cheeroにとっても変化のきっかけとなりそうだ。これまで、低価格のモバイルバッテリーのプライスリーダーという役割で、「低価格」が特徴のひとつだった。ここに、異なる付加価値と、その付加価値の伝える際にもAmazonが活用できることを証明したのだ。

「今回の弊社の商品は、価格やデザインよりも「安全性」や「コンパクトさ」を強調しました。価格以外の価値がどのように受け入れられるか非常に不安でしたが、オンラインECサイトを活用したマーケティングでも、価格以外の価値がきちんと受け入れてもらえることがわかり、いい形になったと考えています」(東氏)

海外展開しやすい環境が整っている

バッテリー、Amazon.co.jpという事業戦略の集中化を行い、ここに新たなメッセージを加えることに成功しつつあるcheero。狙うはさらに大きな市場である海外だ。すでに昨年から、香港、米国、タイ、イギリスに販売子会社を設立し、世界15カ国で販売することができる体制を整えた。

「Amazonのように、シンプルで世界共通のプラットホームが、世界展開を可能にしています。オンライン販売だけでなく、物流や一部のカスタマーサポートまでアウトソースすることができ、また海外進出支援会社の台頭もあって、10人程度の小さな会社が海外にチャレンジできる環境が急速に整ってきました」(東氏)

(写真:New York Timesの記事より)

米国でも、cheeroのバッテリーはメディア戦略が奏功している。同社の人気製品に、日本の漫画のキャラクター「ダンボー」を活用したバッテリーがあるが、これがNew York Timesのブログに「ホリデーギフトに最適」という文脈で紹介された(2014年12月6日記事)

記事にはAmazon.comへのリンクも掲載されており、一気に販売台数が伸びたという。日本で培った手法が、そのまま海外でも活用できる、そんなスモールビジネスにとって非常に恵まれた世界が、現在だという。東氏は今後について、次のように展望した。

「海外をいろいろみて感じる事ですが、日本のものづくりのマインドや技術、デザイン、コンテンツは、世界にふたつとない強みと感じます。今後も、国内でのコラボレーションを行いながら、国内外で新しいチャレンジしていきたいと思います」(東氏)。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT