有料会員限定

誰も教えてくれない理系社員の「トリセツ」 「理系の部下」の能力を引き出す方法

印刷
A
A

特集「理系社員サバイバル白書」の他の記事を読む

日本の組織では文系と理系の間に壁がある。入試科目の区分けのはずが、やがて社会人になると互いを相いれないものととらえがちになる。組織においても、文系は理系の仕事を理解できないために扱いに困っている場合がある。

工学博士である筆者の立場からは、文系と理系という区分けにどれだけ合理的な理由があるのか若干疑問を持つけれど、それでも理系にはいわゆる“変人”がいることを認めざるをえない。

理系の特徴としてよく指摘される「自分の専門技術にこだわる」「ある種の専門バカ」の側面は、理系の強みと表裏一体である。専門性が人一倍高いからこそ、視野も狭くなるのだ。弱みのない理系は毒にも薬にもならない。あなたが管理職として「理系の部下」を持ったとき、部下にどう働いてもらうか。その取り扱い方を考えてみよう。

(1)音響反射板型上司

板に向かって話しかけても自分の声が跳ね返ってくるだけだが、上司が音響反射板のように振る舞うことで、時として部下が育つ場合がある。仕事に行き詰まっている理系の部下と相談する際、あえて「そうか。それで」と当たり障りのない返事ばかりをするのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
理系社員サバイバル白書
国立vs.私立 大学選びのポイント
行き場がない「博士課程修了者」
交付金削減で国立大学がピンチ
文部科学省に翻弄される理系教育
工学の論文数は韓国も下回る
英語発信力を強化せよ
強まる世界の大学競争
上場企業トップの理系出身者
「理系の部下」の能力を引き出す方法
筑波大教授で上場企業CEO
東レ、日立、パナソニック研究部門トップを直撃
ベンチャー若手3人に聞く
電通、ヤフー、みずほがラブコール
日立の元半導体研究者AIとビッグデータで再ブレーク
理系出身トップが語る
研究技術者に求められること
佐藤優が理系向け「社内での生き残り」を指南
転職と理系資格の市場価値
東芝で半導体技術者→中央大教授が説く
こんなはずじゃなかった
理系社員 サバイバル白書
生き残る技術者の条件
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内