有料会員限定

大企業を選ばなかった理由若手社員 ベンチャー若手3人に聞く

印刷
A
A
(cba / PIXTA)

特集「理系社員サバイバル白書」の他の記事を読む

ユーグレナ

藻類への思いが再燃 大好きな研究に没頭

(撮影:梅谷秀司)

「中学時代から、一生白衣を着た人生を送ると周囲に言ってきた」

こう語るのは、ミドリムシを扱うバイオベンチャー・ユーグレナで主任研究員を務める丸川祐佳さん(29)。2011年にユーグレナに入社し、ミドリムシを活用したバイオ燃料開発の研究に取り組む。

幼少期から生物が好きだった。中高生時代は生物部に所属し、研究のために虫を集めて回ることもあった。日本女子大学理学部時代にミカヅキモと出合い、藻類に魅せられていく。「藻類は多様な形や動き方がかわいい」と目を輝かせる。

ミカヅキモの性フェロモンに関する研究を行った後、東京大学大学院へ進学。研究の材料に選んだのは、シャジクモという藻類だった。しかし研究がうまくいかずに挫折、コチョウランに切り替えた。このとき、「もう藻類とはお別れと思った」。

就職活動を開始したときも、一般企業で面白い研究は難しいと覚悟していた。大手精密機器メーカーや製薬会社、ゲーム会社など複数の業界を見て回った。精密メーカーからは、システムエンジニア職の内定をもらった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
理系社員サバイバル白書
国立vs.私立 大学選びのポイント
行き場がない「博士課程修了者」
交付金削減で国立大学がピンチ
文部科学省に翻弄される理系教育
工学の論文数は韓国も下回る
英語発信力を強化せよ
強まる世界の大学競争
上場企業トップの理系出身者
「理系の部下」の能力を引き出す方法
筑波大教授で上場企業CEO
東レ、日立、パナソニック研究部門トップを直撃
ベンチャー若手3人に聞く
電通、ヤフー、みずほがラブコール
日立の元半導体研究者AIとビッグデータで再ブレーク
理系出身トップが語る
研究技術者に求められること
佐藤優が理系向け「社内での生き残り」を指南
転職と理系資格の市場価値
東芝で半導体技術者→中央大教授が説く
こんなはずじゃなかった
理系社員 サバイバル白書
生き残る技術者の条件
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内