有料会員限定

理系大学受験 最新事情 国立vs.私立 大学選びのポイント

印刷
A
A

「理数が得意」「将来は研究者かエンジニアの道に進めたら」──。理工系に進路を決めたら、何を基準に志望校を決めればよいのだろうか。学費、研究環境、立地条件、ネームバリュー、就職力。文系と比べて授業料が高く、大学院への進学者も多い理工系は、偏差値だけで決めることは難しい。

国公立では、一部の推薦入試などを除きセンター試験が必須となるため、国語と地理歴史・公民を含めた5教科7科目の対策が必要だ。2次試験では理数科目が中心となるが、東大や京大は国語も課している。私立は、早慶をはじめほとんどの難関大で理科、数学、外国語の3教科入試がスタンダード。私大に的を絞ってしまえば、理数と外国語に特化した効率的な対策が取れるだろう。

理工系の受験生は文系受験生よりも国公立志向が強い。こうした傾向は地方に行くほど高くなる。駿台予備学校の石原賢一進学情報センター長は、「地方の成績上位者はまず地元の旧帝大を目指す」と話す。Z会の大学受験事業部コンタクトセンターの山邊圭祐氏は、地方は親の意見も大きく影響すると指摘する。「上京して私大理系に進むと年間100万円以上の授業料のほかに下宿代がかかる。就職も首都圏の企業などが中心。地元に残ってほしいと思えば、近くの国立大を勧めるケースが多くなる」(山邊氏)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
理系社員サバイバル白書
国立vs.私立 大学選びのポイント
行き場がない「博士課程修了者」
交付金削減で国立大学がピンチ
文部科学省に翻弄される理系教育
工学の論文数は韓国も下回る
英語発信力を強化せよ
強まる世界の大学競争
上場企業トップの理系出身者
「理系の部下」の能力を引き出す方法
筑波大教授で上場企業CEO
東レ、日立、パナソニック研究部門トップを直撃
ベンチャー若手3人に聞く
電通、ヤフー、みずほがラブコール
日立の元半導体研究者AIとビッグデータで再ブレーク
理系出身トップが語る
研究技術者に求められること
佐藤優が理系向け「社内での生き残り」を指南
転職と理系資格の市場価値
東芝で半導体技術者→中央大教授が説く
こんなはずじゃなかった
理系社員 サバイバル白書
生き残る技術者の条件
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内