有料会員限定

このままじゃ研究できない 交付金削減で国立大学がピンチ

印刷
A
A

2004年の国立大学法人化以降、文部科学省が各校に配分してきた運営費交付金は減少傾向にある(下図)。16年度予算は横ばいだったが、それまでは前年度比1%減が続いてきた。大学において学生への教育費などは削減が難しく、教員の研究費に交付金減少のシワ寄せが来る。

特集「理系社員サバイバル白書」の他の記事を読む

運営費交付金削減の影響を研究する豊田長康・鈴鹿医療科学大学学長は「法人化によって国立大学は外部からの資金獲得を目指すようになり、一定の効果はあった。だが、そろそろ限界を迎えている。交付金削減がそのまま教育・研究機能や組織の縮小に反映されるフェーズに入った」と見る。

国からの交付金の削減がそのまま財政難に直結し、教員人事を凍結する国立大が出てきた。新潟大学が16年1月、退職や転出する教員の補充をおおむね2年間は原則的に控える方針としたのだ。

大学執行部の方針が伝えられると、教員たちに衝撃が走った。理学部で理論物理学を研究する奥西巧一准教授は、「教員の不補充は2年という期限付きだが、その間で解除というのは難しいのでは。財政難の解消は簡単ではない」と話す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
理系社員サバイバル白書
国立vs.私立 大学選びのポイント
行き場がない「博士課程修了者」
交付金削減で国立大学がピンチ
文部科学省に翻弄される理系教育
工学の論文数は韓国も下回る
英語発信力を強化せよ
強まる世界の大学競争
上場企業トップの理系出身者
「理系の部下」の能力を引き出す方法
筑波大教授で上場企業CEO
東レ、日立、パナソニック研究部門トップを直撃
ベンチャー若手3人に聞く
電通、ヤフー、みずほがラブコール
日立の元半導体研究者AIとビッグデータで再ブレーク
理系出身トップが語る
研究技術者に求められること
佐藤優が理系向け「社内での生き残り」を指南
転職と理系資格の市場価値
東芝で半導体技術者→中央大教授が説く
こんなはずじゃなかった
理系社員 サバイバル白書
生き残る技術者の条件
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内