有料会員限定

岐路の葬儀仲介会社 低料金か質重視か

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

追加料金不要かつ低料金の葬儀プランを提示して集客を担う代わりに、実際に葬儀を施行する葬儀社から葬儀価格の20~25%の手数料を得る葬儀仲介会社の台頭が著しい。イオン、ユニクエスト・オンライン、みんれびの3社がその代表格だ。

3社の中で先陣を切って葬儀業界に参入したのがイオンだ(当時の事業主体はイオンリテール)。2009年9月に「イオンのお葬式」をスタートした。セットプランのうち最安値は、通夜・告別式などを行わない「火葬式(直葬)」の19万8000円。ただ、依頼件数の4割を占める一番人気は49万8000円の「家族葬50名」プランとなっている。

イオンはネットだけでなくイオンモールなど実店舗でも集客。生前会員の獲得に力を注ぐ(撮影:大澤 誠)

特集「お寺とお墓の大問題」の他の記事を読む

事業立ち上げ時から指揮を執るイオンライフ(14年にイオンリテールから分社化)の広原章隆社長は、こだわりとして「品質」を上げる。イオン独自の「葬儀サービス品質基準」に関する研修を受けた葬儀社のみと提携。さらに顧客の過半数以上が回答するアンケートで、A~Dの4ランクに提携葬儀社を分類し、送客する先を絞っているという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
お寺とお墓の大問題
伝統仏教にもの申す2
修行者を引き付ける住職の人間力
いま禅がブーム
中高年からの転身も
今だからこそ仏の教えを伝えたい
低料金か質重視か
葬祭互助会の長所と短所
費用だけが基準ではない
本来は「お気持ち」だが
プロが教える手順とおカネ
樹木葬、期限付き墓地
伝統仏教にもの申す1
Part2 お墓と葬式の大問題 「寺院消滅」で増す不安
早わかり解説
岐路に立つ宗派財政
遺族には知られたくないお布施の話
埼玉・熊谷市 見性院 寺院経営を解剖する
データで見る
過疎と高齢化で寺がもたない!
Part1 ニッポンのお寺の大問題 仏教界に迫りくる危機
お寺 お墓 お葬式
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内