有料会員限定

禅の思想は生き方に通じる いま禅がブーム

印刷
A
A

土曜の昼下がり、東京・丸の内のビルの一室に「パシッ、パシッ」と肩を打つ音が響く。慶応丸の内シティキャンパスでは隔週6回の講座、「アゴラ夕学プレミアム 古川周賢老大師に問う【禅の智慧】」が開かれていた。3時間半の講座の最初と最後に30分の座禅がある。

座禅中合掌すると警策という棒状の板で肩を打ってくれる。右端から古川周賢氏、柴田文啓氏(撮影:今井康一)

特集「お寺とお墓の大問題」の他の記事を読む

別室で行われる講義では、禅の修行道場の様子、禅の基本である「捨てる」ための智慧、本当の自分の姿をとらえる「己事究明」など、禅の思想の枠組みを学ぶ。5回目のこの日は、夏目漱石の『門』を題材に禅問答の世界が紹介されていた。

講師は甲府市にある恵林寺の古川周賢住職だ。1967年生まれの古川氏は早稲田大学で哲学を専攻し、東大大学院で博士号を取得。寺の出身ではないが、29歳から13年間修行を積み、昨年、恵林寺の住職となった。厳しい禅の修行と学問の両方の世界を知る人物だ。

一休和尚、ハイデガー、モーツァルトなど具体例を織り交ぜた講義は刺激的だが、スピードが速い。そこで、コーディネーターの柴田文啓氏(80)が時々入って補足する。柴田氏は横河電機の取締役を経て出家。ビジネスパーソンに近いサポート役だ。受講料は10.8万円。25人の定員は満席だった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
お寺とお墓の大問題
伝統仏教にもの申す2
修行者を引き付ける住職の人間力
いま禅がブーム
中高年からの転身も
今だからこそ仏の教えを伝えたい
低料金か質重視か
葬祭互助会の長所と短所
費用だけが基準ではない
本来は「お気持ち」だが
プロが教える手順とおカネ
樹木葬、期限付き墓地
伝統仏教にもの申す1
Part2 お墓と葬式の大問題 「寺院消滅」で増す不安
早わかり解説
岐路に立つ宗派財政
遺族には知られたくないお布施の話
埼玉・熊谷市 見性院 寺院経営を解剖する
データで見る
過疎と高齢化で寺がもたない!
Part1 ニッポンのお寺の大問題 仏教界に迫りくる危機
お寺 お墓 お葬式
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内