有料会員限定

シニア世代、仏教にはまる 中高年からの転身も

印刷
A
A

豊かな緑に囲まれた臨済宗妙心寺派の妙法山正眼寺僧堂(岐阜県美濃加茂市)の朝。寺の料理をつかさどる典座(てんぞ)役の修行僧、東出正瑛さんは、昔ながらのかまどの前で、火勢を調節しながら黙々とご飯を炊いていた。

正眼寺僧堂の典座役で、かまどの火勢を調節してご飯を炊く東出正瑛さん

特集「お寺とお墓の大問題」の他の記事を読む

東出さんは67歳。一昨年、長年勤めた物流会社を定年退職後、半年ほど、家でテレビを見たり、散歩したりと、ゆっくりした生活を送っていた。が、そのうちに「せっかく自由に使える時間ができたのだからブラブラせず、やりたいこと、やるべきことをしよう」という思いが強くなってきた。思い出したのは、以前に通勤途中の自動車のラジオで聞いた「定年後に僧侶になりませんか」という話だった。放送局に電話して、出演者が長野県千曲市、開眼寺の柴田文啓住職(80)(「禅の思想は生き方に通じる」にも登場)と聞き、連絡を取った。

横河電機役員を退職後に住職となった柴田さんは、無住寺院対策を進める臨済宗妙心寺派本山宗門活性化推進局で顧問を務め、これまで約40人のシニア僧侶志願者をスカウト。現在、20人が修行に入っている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
お寺とお墓の大問題
伝統仏教にもの申す2
修行者を引き付ける住職の人間力
いま禅がブーム
中高年からの転身も
今だからこそ仏の教えを伝えたい
低料金か質重視か
葬祭互助会の長所と短所
費用だけが基準ではない
本来は「お気持ち」だが
プロが教える手順とおカネ
樹木葬、期限付き墓地
伝統仏教にもの申す1
Part2 お墓と葬式の大問題 「寺院消滅」で増す不安
早わかり解説
岐路に立つ宗派財政
遺族には知られたくないお布施の話
埼玉・熊谷市 見性院 寺院経営を解剖する
データで見る
過疎と高齢化で寺がもたない!
Part1 ニッポンのお寺の大問題 仏教界に迫りくる危機
お寺 お墓 お葬式
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内