有料会員限定

「寺院消滅」の現実 データで見る

印刷
A
A

東北地方の山間部にある住職が住まない無住寺。町の中心からは数キロメートル以上離れ、住民の高齢者比率がひときわ高い。数年前のこと、寺の檀家総代は複数の寺を束ねる教区長に向け、こんな手紙を書いた。

「地区では、若い世代が減り、お寺の収入は大幅な減少が予測されます。(檀家)個々の負担は増大するばかりであり、お寺の維持が困難になります。ですので、○○様に引き続き兼務住職をお願いしたい」

檀家が今のままの兼務住職でよいと願い出たのだ。この寺では正住職(専任の住職)を迎える動きがあったが、これまで以上の経済的負担は難しいと断った。葬儀や法要は兼務住職が引き続き執り行っている。正住職が見つかるのは本来、檀家にとってよい知らせのはずだ。しかし手紙は、地域の経済力がそれを支えきれないという事情を物語る。

問題点があらわになった

過疎による檀家の減少、住職の高齢化、住職の跡継ぎ不足──。地方の寺が直面する課題は多い。

たとえば浄土宗は全国に約7000の寺があるが、そのうち987(14%)が過疎地にある。過疎寺院を対象にした調査では、60代以上の高齢者住職の占める割合が56%と半数を超えている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
お寺とお墓の大問題
伝統仏教にもの申す2
修行者を引き付ける住職の人間力
いま禅がブーム
中高年からの転身も
今だからこそ仏の教えを伝えたい
低料金か質重視か
葬祭互助会の長所と短所
費用だけが基準ではない
本来は「お気持ち」だが
プロが教える手順とおカネ
樹木葬、期限付き墓地
伝統仏教にもの申す1
Part2 お墓と葬式の大問題 「寺院消滅」で増す不安
早わかり解説
岐路に立つ宗派財政
遺族には知られたくないお布施の話
埼玉・熊谷市 見性院 寺院経営を解剖する
データで見る
過疎と高齢化で寺がもたない!
Part1 ニッポンのお寺の大問題 仏教界に迫りくる危機
お寺 お墓 お葬式
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内