スシローの280円ラーメンは続けられる?

幸楽苑290円ラーメン中止で気になる動向

税抜き280円で販売されているスシローの「出汁入り鶏がら醤油ラーメン」(撮影:大澤誠)

1皿100円の寿司をたらふく食べた後、シメの一杯にツルツルっとラーメンをすすり込む。そんな瞬間に得も言われぬ幸せを感じている人も多いのではないか。回転ずし最大手のスシローが販売している、1杯280円(税抜き、以下同)のラーメンのことだ。

このラーメンがにわかに注目を集めている。事の発端は、ラーメンチェーン大手・幸楽苑が1杯290円で提供している「中華そば」を一部店舗で販売中止にすると11月27日に明らかにしたことだ。10円違いの同じような低価格で販売しているスシローはどう出るのか。

「ラーメンはサイドメニュー」

画像を拡大
ラーメン第1弾を発表する、あきんどスシローの豊﨑社長(撮影:大澤誠)

スシローの広報担当者に問い合わせてみると、「当面は販売価格を変えるつもりはない」との回答。その理由を聞くと、「スシローにとって、1皿100円の寿司は看板商品であり、商売の原点。ラーメンはあくまでもサイドメニューであり、お客様に受け入れていただける価格帯で提供し続ける」という。

スシローがラーメンの販売を始めたのは今年4月。第1弾として売り出したのが「出汁入り鶏がら醤油ラーメン」である。“寿司に合うラーメン”という開発コンセプトでつくられた、かつお節、さば節、いわし節に鶏がらをブレンドしたダブルスープが特徴だ。

次ページラーメン販売の狙いとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT