「老け顔」に見えてしまう2つのポイント

顔を若返らせることはできるのか

顔の悩みは老若男女に共通だ(イラスト:ぶぶたん / Imasia)

同じ年齢なのに、悲しくなるくらい老けて見える「老け顔」。老けて見えたほうが貫禄があるから良いのか、やっぱり若く見られたいのか――。

「人は見た目が9割」なんていうタイトルのビジネス書もあることを考えると、「見た目年齢」はやっぱり気になってしまうものだ。考え方は人それぞれだが、「老け顔」と「若々しい顔」。この差は一体何なのか?

TBSテレビ「この差って何ですか?」取材班(12月7日14時放送)は、この疑問を徹底調査した。老け顔に見えるかどうかのポイントはどこにあるのか。美容外科・美容皮膚科の山本クリニック・山本豊院長は「目と眉毛の距離、鼻と唇の距離の2つ」と指摘する。

メイクやファッションじゃどうにもならない!?

まずは、目と眉毛の距離。「目を開けた状態でまぶたの部分が長い方が老けて見えて、短い方が若々しく見える」(山本院長)という。生まれつきの問題はあるが、年齢を重ねても重力で肌がたるみ、まぶたの長さは伸びてしまうものだ。

そして2つめのポイントの「鼻」と「唇」の距離。これも鼻の下が長くなるとサルのようになり、老けた印象になるため、「鼻と唇の距離は短い方が若々しく見える」(山本院長)という。

とはいえ、まぶたの長さなんて、自分でトレーニングしたりケアしたりすることで調整することなんてほぼ不可能じゃないか!鼻の下の長さを短くするのも、自分ではどうにもならない。メイクやファッションでは本質的にどうしようもならない。この「まぶた問題」「鼻の下問題」。いったいどうしたらいいのか――。

次ページ解決手段…なくはない!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。