「からあげ」をネットでプレゼントする時代に

3大シンクタンクが読む2015年の日本<第4回>

贈る側を企業に引き寄せ、もらう側を店舗に引き寄せる

実際、どんな企業がソーシャルギフトに熱心に取り組んでいるのでしょうか。例を3つ挙げてみます。

スターバックス コーヒージャパン:自社サイト「Starbucks eGift」を通じ、デジタルメッセージカードと共に「ドリンクチケット(500円分)」をプレゼントすることなどが可能。自社サイトのほかソーシャルギフト運営会社経由でも提供。

キリンホールディングス:自社サイト「BEER to friends」からSNSを通じて贈り先を選択、スペシャルティ・プレミアム・ビールである「グランドキリン」をプレゼントすることなどが可能。全国のセブン-イレブンなどで受け取り可能。

ローソン:自社サイト「ローソンe-Gift」からSNSを通じて贈り先を選択、からあげクンなどの一部商品やローソンお買い物券をプレゼントすることが可能。全国のローソンで受け取り可能。

このように消費者にソーシャルギフトを使ってもらえば、贈る商品をアレコレ考えるため、贈る側に商品・サービスへの愛着が生まれるとともに、受け取りのため、もらう側を店舗に誘導することができるのです。

このほか、ソーシャルギフトのプラットフォームを構築する企業や、ソーシャルギフトの仕組み構築を支援する企業も誕生し、関連のビジネスが広がりを見せつつあります。

「からあげクン」をもらいに来て「ついで買い」

ローソンは、2014年6月にソーシャルギフトのプラットフォーム企業「giftee」からシステム提供を受け、「ローソンe-Gift」サービスを開始しています。当初、商品ラインナップは、「映画チケット」「プレミアムロールケーキ」「からあげクン」「お買い物券」などの約10種類ほどをそろえ、現時点では「映画チケット」を「美術館チケット」に入れ替えたほか、「MACHI caféドリンク」を追加しています。

ラインナップされた商品の価格帯は100~1800円で、デジタルカードは「Thank you」「Birthday」「おつかれさま」「ありがとう」を用意。身近な人に日頃の感謝の気持ちを伝えたいときに、とても使いやすい内容となっています。

贈り方としては、Facebook、Twitterのほか、URLを添付してメールで贈ることも可能であり、受け取り側はローソン店舗にある「Loppi」でクーポンに引き換え、レジで提示することで、商品を得ることができます。

次ページ贈るのは、「モノ」ではなく「コト」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT