カシオがインドの売り上げを5倍にした理由

「G-SHOCK」だけじゃない!現地でヒット連発

 今回のコラムは、東南アジアからインドへ。インドといえばまずはスズキ。だが、カシオもなかなかのブランド力だ。有名俳優が頼んでもいないのに「G-SHOCK」を身につけて映画に出演したことが一つのきっかけで、同社がインドで快進撃を開始したのは、知る人ぞ知る話だ。実はG-SHOCKだけでなく、現地でヒット商品が連発、カシオのインドの売り上げはこの7年でなんと5倍強に。カシオインディアの中正男社長にも、快進撃の秘密を聞いた。
「インド式桁表示」に対応、カシオはついにインドの電卓市場を「制覇」(「CHECK CALCURATOR MJ-120D」)

「インド式桁表示」に対応、ついに電卓市場を「制覇」

カシオと言えば、G-SHOCKが一つの代名詞だが、インドでは電卓のことを語らずにはいられない。

同社は世界各国で電卓を販売しているが、「ゼロを発明した数字の大国」であるインドでは、長年苦戦してきた。それが大ヒットしたのは、2010年のことだ。

実はカシオは1980年代からインドで電卓の販売を開始。ソフトウェア産業勃興のためインドが技術系大学を増やしていた2000年代には、大学公認の授業用具として採用されるなどで知名度は高まり、売れる下地は作られていた。

しかし、いかんせん価格が競合メーカーの2倍近くすることもあって、販売が大きく伸びることはなかった。

だが、2010年に発売された「CHECK CALCURATOR MJ-120D」で、形勢が一気に変わった。同製品では従来製品と比べ、2つのテコ入れが行われた。

次ページどんなテコ入れをしたのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT