知的障害者の私が「オレオレ」の受け子をした理由 利用した知人男性に「正直、まだ会いたい」

印刷
A
A
「正直、まだ会いたい」軽度知的障害の女性、オレオレ詐欺で有罪判決から1年……。利用されても断ち切りがたい共犯者への思い(写真:2022年1月/弁護士ドットコムニュース)
この記事の画像を見る(4枚)

「軽度知的障害のある人が犯罪に巻き込まれる」。そのように聞いて思い浮かべるのは、加害者、それとも被害者としての障害者像だろうか。

オレオレ詐欺の「受け子」をつとめ、逮捕・起訴された女性(20)を2021年3月の初公判から取材した。彼女の知能指数(IQ)相当値からは、軽度知的障害に該当すると診断されている。

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

執行猶予付きの有罪判決を受けたあと、グループホームで生活しながら自立を目指す彼女について、相談支援事業所の責任者は「彼女には被害者の側面もあります」と話す。

女性は「オレオレ詐欺」という言葉だけは知っていたが、「オレ、オレは、男の人に関係する詐欺だと思っていたから、自分には関係ない」ことだと考えていたと語る。

事件から1年以上が経った今でも、女性は自分を「受け子」にした共犯男性への思いを完全には捨て切れていない。法廷で語られることのなかった本音を聞いた。(編集部・塚田賢慎)

受け渡しの現場で待ち構えていた警察に逮捕

長谷川あかねさん(仮名)は、地方で生まれ育った20歳の女性だ。東京にやってきて、特殊詐欺の「受け子」をつとめたために、逮捕・起訴され、昨年6月、懲役2年6月(求刑3年・執行猶予4年)の判決を言い渡された。

被害者の80代男性は電話口で異常に気づき、通報していた。長谷川さんは、受け渡しの現場で待ち構えていた警察に現行犯逮捕された。

判決を受けた日から、同じように障害などのある女性らとともに、都内のグループホームで生活している。更生支援計画書にのっとり、規則正しい生活を送ることで自立を目指す。ただし、許可のない外出や携帯電話の使用は禁止されており、家族とも好きに連絡できないため、ストレスも感じている。

ホームでの取材は、今年の1月中旬と2月上旬に行った。1月の取材日はたまたま事件からちょうど1年。長谷川さんは「もう1年。早いですね」と驚いていた。

次ページネイリストになる夢があった女性
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT