法人減税の財源で大もめ、負担に猛反発の経済界

そもそも財務省は法人減税自体に抵抗があり、効果も疑問視している。「減税が本当に企業の国際競争力をつけるのか。競争力は人件費や輸送費など多くの要素が絡み、必ずしも法人税率だけでは決まらない」(五十嵐副大臣)。

だがこうした動きに、当の経済界は激しく反発している。日本経団連の米倉弘昌会長は「課税ベース拡大というなら『法人税率引き下げはもう結構』と言わざるを得ない」とまで発言。9日の国内投資促進円卓会議では、法人税率引き下げを前提に、民間設備投資が2009年度の63兆円から20年度には104兆円に増える、とブチ上げた。減税は投資や雇用の拡大につながる、と必死のアピールだ。

法人減税の財源をめぐる議論は現在も迷走中。酒税増税など、対象は法人以外にも飛び火しそうな気配だ。年末の税制改正大綱取りまとめに向け、政官民の激しい攻防が続く。

(撮影:尾形文繁 = 週刊東洋経済2010年11月20日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT