法人減税の財源で大もめ、負担に猛反発の経済界

法人減税の財源で大もめ、負担に猛反発の経済界

「食べてはいけない(財源確保の)メニューがたくさん載っている。火遊びにも程がある」

「日本が発展させてきた省エネ技術などに税をかけるとなると、企業のやる気そのものをなくしてしまう」

11月8日に開かれた民主党の税制改正プロジェクトチームの会合。政府税制調査会で議論されている法人税減税について、身内の同党議員から、政府税調を舌鋒鋭く批判する声が相次いで上がった。

非難の集中砲火を浴びたのが、政府税調を代表し出席した五十嵐文彦・財務副大臣。投げつけられる激しい言葉に五十嵐副大臣は、「減税による減収分は赤字国債を出すのか。財政健全化の国際公約もある」と懸命に反論した。

法人税の実効税率が約40%と国際的に高い日本。政府税調がもくろむのは、法人税率を引き下げる代わり、代替財源として「租税特別措置」と呼ばれる法人の政策減税を廃止縮小することである。政府税調や財務省は“税収中立”の立場から、法人減税による減収を、別の法人負担増で付け替えたいというわけだ。

試算では仮に税率を5%引き下げると、1.4兆円から2.1兆円の税収が減る。それを補うために、「研究開発減税の大幅縮減」(増収見込み額2700億~5100億円)や「減価償却制度の抜本的見直し」(6000億~8000億円)、「ナフサ免税の縮小」(2兆円超)を検討することが提示された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT