「どんなに太っても君を愛す」と言う彼と別れた訳 相手が隠している本心を引き出す「第三者話法」

印刷
A
A
「第三者」への対応や意見から、相手の本音がわかることも(写真:saya/PIXTA)
「彼氏の本心が知りたい」「子どもが何か隠し事をしているようだが、何を隠しているのか知りたい」など、ストレートに相手に聞きづらいとき、あなたはどうするだろうか。正面突破しようとしても、おそらくはぐらかされてしまうだろう。
しかし、テクニック次第では、さりげなく本心を引き出すことができるという。元FBI特別捜査官で数々のスパイや容疑者から情報を引き出してきた著者がそうしたテクニックを惜しみなく紹介した『元FBI捜査官が教える「情報を引き出す」方法』(ジャック・シェーファー/マーヴィン・カーリンズ著)が刊行された。本心を引き出すコツを本書から一部抜粋して、お届けする。

「結婚して、浮気をしますか?」と尋ねても

「第三者話法」とは、デリケートな話題に関する相手の真意や本音をさぐりだすときに活用できるテクニックだ。「第三者」、つまり相手とは直接関係のない他人を引き合いに出せば、本音を引き出しやすくなるのだ。

『元FBI捜査官が教える「情報を引き出す」方法 』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

たとえば、ある男性が釣り用に新しいボートを購入したいと考えているとしよう。妻の意向を知りたければ、「第三者話法」を使い、

「この前、友だちが釣り用に新しいボートを買ったんだって」

と言い、妻の反応を確認してみる。そうすれば

「ボートを買いたいんだけど」

と自分が切り出したあとの妻の反応の予想がつく。

このテクニックがうまくいくのは、自分の本心は明かしたがらないのに、他人のことならぺらぺらしゃべるという性質が人間にはあるからだ。それに、第三者から聞いた話は信用しやすいという性質もある。

とりわけ、第三者が自分のことを褒めていたと聞くと、信じやすいのだ。第三者と自分には利害関係がないのだから、その人の情報は真実に違いないと思い込んでしまうのだ。

次ページ人は社会規範を意識する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT