ライバル社の企業秘密をさりげなく引き出す方法 元FBI捜査官が教える実証済み心理テクニック

印刷
A
A
さりげなく情報を引き出すことができる方法をご紹介(写真:MediaFOTO/PIXTA)
競争入札などで参考にするために他社の持っている数字をどうしても知りたいとき、あなたはどうするだろうか? 「今度の競争入札でいくら出しますか?」と聞いても、ライバル企業は絶対に答えてくれないし、あなたに警戒心を持つだろう。
しかし、テクニック次第では、さりげなく情報を引き出すことができるという。元FBI特別捜査官で数々のスパイや容疑者から情報を引き出してきた著者がそうしたテクニックを惜しみなく紹介した『元FBI捜査官が教える「情報を引き出す」方法』(ジャック・シェーファー/マーヴィン・カーリンズ著)が刊行された。本書の訳者である栗木さつき氏の訳者あとがきと本書の本文から、一部抜粋・再構成のうえ、お届けする。

人間の心理と行動のスペシャリスト

ビジネスでもプライベートでも、こちらが知りたい情報や真意を、相手がすらすらと話してしまう方法があるとしたら? おまけに、相手は自分が情報を漏らしていることにまったく気づかないうえ、あなたに好意までもつとしたら?

『元FBI捜査官が教える「情報を引き出す」方法 』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

そんな夢のような方法を編み出したのが、本書の著者で元FBI特別捜査官のジャック・シェーファー博士だ。FBIで15年間、スパイ防止活動とテロ対策の指揮をとり、また7年間、行動分析官として活躍した博士は、実際にスパイをリクルートしたり、テロリストに尋問を行ったり、諜報員の訓練にあたったりしながら、さまざまな情報収集術や尋問術を編み出してきた。現在はウェスタン・イリノイ大学准教授としてFBI時代に蓄積した知見を学生たちに教えている。

まさに人間の心理と行動のスペシャリストといえる博士が本書で惜しみなく紹介しているのが「引き出し法」だ。これは、相手がこちらを警戒し、ウソをついたり心理的な盾を構えたりする前に情報を聞き出す方法だが、べつに質問をたたみかけるわけではない。ごく自然な流れで会話を続けるだけなので、相手はいっさい不審に思わないうえ、あなたに好意をもち、またあなたに会いたいとまで思うようになる。

次ページ引き出し法には数々のテクニックが
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT