不登校になったわが子に「父親が言いがちな失言」 口から出てしまう「社会で通用するのか」

印刷
A
A
わが子が不登校になったとき、父親はどのように関わればよいでしょうか。
この記事の画像を見る(5枚)

家族が不登校で困っているとき、父親としてどのように関わればよいか。子どものようすを横目で見ながら、そんな悩みを抱いている父親の方、じつは多いのではないでしょうか。

父親どうしで不登校について話し合える場をつくりたい、という思いから「ぼちぼち・ちちの会」を立ち上げた市川明さんにインタビューをしました。市川さんも息子の不登校に悩んだ父親のひとり。「ぼちぼち・ちちの会」を立ち上げた経緯や、父親ならではの葛藤、心境の変化について語っていただきました(※写真は市川明さん)。

――なぜ、父親向けの親の会を始められたんですか?

不登校のわが子が安心して家ですごすためには、父親の協力も不可欠だと思うからです。しかし、残念ながら一般的に父親はふだん仕事で家を離れることが多いですから、子どもの状況が見えない分、理解するのに苦労します。本当はどうにかしてあげたいと思っていても、父親目線で不登校について共有したり理解したりできる場って、現状として非常にすくないんです。

父親の存在 どこにもない

実際に不登校関連のイベントや親の会に参加すると、ほとんどの場合が母親なんですね。どうしても母親のほうが子どもと接する機会が多いですから、母親どうしがつながり、支え合う場は必要だと思います。

当記事は不登校新聞の提供記事です

ただ、そうなると父親は肩身が狭いというか、参加するのも勇気がいるんですね。親の会に慣れている僕でさえ、まわりに1人も父親が居ないと、シュンとしますから(笑)。ハードルが高いのも無理ないな、と。だから父親どうしで話す場があってもいいのかな、とはずっと思っていたんです。

そんなとき、多様な学びプロジェクト代表の生駒知里さんにお声がけいただいて、「じゃあやってみようか」と企画を立ち上げることになりました。そして誕生したのが、「ぼちぼち・ちちの会」。なぜこの名前にしたかというと、不登校といったセンシティブなテーマだと、父親って「否定されるのではないか」と身構えてしまって、参加するのを躊躇しがちだと思うんです。そうではなくて、肩の力を抜いて「ぼちぼちいきましょうよ」、と。そういう思いから名付けました。

これまでに計6回オンライン開催しましたが、若い父親をはじめ、不登校関係の支援者など、さまざまな人が参加してくださっています。なかには父親目線を知りたいという母親など、女性の参加もちらほら。いろんな視点から情報や意見など共有できて、たいへんありがたいです。

次ページ息子さんの不登校は中学2年生の夏休み明けから
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT