なぜ今の若者は「人前でほめられたくない」のか 「横並びでいたい」「浮くのが怖い」激変する心理

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
「どのあたりに座るのか」は永遠のテーマのようです(写真:jyapa/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
ほめられたくない、目立ちたくない、埋もれていたい……。最近、こんな若者が激増している。
さらには、成功した人もしていない人も平等にしてほしがる、浮いたらどうしようといつも考えている、上司からの質問を同期に相談するというケースも後を絶たない。「もう、今の若いやつはわからん!」と頭を抱えたくもなる。
先生、どうか皆の前でほめないで下さい』は、イノベーションとモチベーションの研究家が、若者心理に迫った本だ。金沢大学と東京大学で教鞭を取る著者の金間大介氏は、若者たちの変化を日々、実感する当事者でもある。
「今の若者たちの行動原理や心理的特徴は『いい子症候群』というフレーズがぴったりくる」と言う。その理由とは――。

講義室のどのあたりに座るのがベストなのか

突然で恐縮だが、あなたは今、大学生だとしよう。

想像してほしい。大きなキャンパスの中、朝一の講義を受けるため、あなたは広い講義室に入ったところだ。そこでストップ。ここで1つ質問したい。あなたは今、講義室のどのあたりに座ろうと思っただろうか?

出所:『先生、どうか皆の前でほめないで下さい』

念のため言っておくが、大学の講義というのは、少人数で行う語学や演習系の授業を除き、座る場所は自由だ。

『先生、どうか皆の前でほめないで下さい』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

もしあなたがものすごい勉強家で、絵に描いたようなガリ勉なら、きっと前から3列目あたりに座るだろう。

あるいは、あなたが講師のことをこっそりと慕う奥手な大学生なら、講義の間ずっと講師を観察していられるように、最前列の端っこに座るかもしれない。

しかし、ほとんどの学生はそうではない。前日の夜は遅くまでSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を見ていたか、飲食店のアルバイトをしていたため、寝たのは真夜中をとうに過ぎたころ。したがって、今は眠くてしょうがない。

そもそも多くの学生は大学で勉強なんてするわけない。大学は勉強するところではない。キャンパスライフを送るところだ。キャンパスライフとは勉強ではない。よって大学では勉強しない。にもかかわらず、1限から大学に来ているなんて、それだけでほめてほしいくらいだ。これぞ神。

と思ったあなたは、きっと講義室の後方、しかも両翼のどちらかに陣取るのではないだろうか。そこならノートの上にスマートフォンを置いても教壇から見えることはない。

次ページ座席の選択から見える学生心理…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT