転職エージェントの食い物にされる人の典型特徴 悪魔も天使も存在すると心得ておく必要がある

拡大
縮小
流されないようにするには、自分の本音と向き合うことが欠かせません(写真:Xeno/PIXTA)
転職に関する広告を大量に目にするようになったこともあり、転職エージェントは以前よりかなり身近な存在になりました。
そんな転職エージェントに任せれば、すべてうまくいくのでしょうか。
退職学研究家・佐野創太氏の著書『「会社辞めたい」ループから抜け出そう! 転職後も武器になる思考法』より一部抜粋、再編集して、転職エージェントの実態と、どんな転職エージェントでも転職後「も」うまくいく人になるために必要なことをお伝えします。

“人を売る”ことに快楽を覚える

「人の年収を計算して、いくらで売れるか弾き出すのが好き。当たると最高」

転職エージェントのA氏にはこんな口癖がありました。

A氏は転職希望者に、「厳しい環境に耐え勝手に成長する人だけ残れば教育コストがかからない」と考える企業を紹介し、無事に入社できたら3カ月までは手厚くフォローをします。

A氏は、このやり方について

「売り上げが稼げているうちは会社にとがめられることはない」

と豪語していました。

転職希望者からも採用企業からもクレームが入りそうですが、このA氏は2年間トップの営業成績を走り続けた転職エージェントです。

もちろん多くの転職エージェントがA氏のような人ばかりというわけではありません。このような“売り上げさえ取ればいい”という仕事の仕方は罪悪感で続かないでしょうし、SNSが発達した今なら悪評が広まりかねません。

ここで重要なのは、転職エージェントには“求職者を食い物にする抜け道がある”という事実です。

転職エージェントは求職者を採用企業に紹介し、転職した求職者が受け取る年収の30%から35%(変動あり)を紹介料として受け取ります。契約書には“返金規定”があり、多くの場合「3カ月以内(変動あり)に自己都合で退職した場合、紹介料の半分を返金する」と定められています。

A氏が入社から3カ月間までは手厚くフォローするのは、このためです。転職エージェントのこうした顔は、そこで働く人の性格や価値観でつくられるわけではありません。仕組みがそうさせているということです。

次ページ上司の反対を押し切って“擬似転職”までするエージェントも
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT