羽田が国際空港になりきれていない理由

ビジネスユースの使い勝手は不十分

国際線ターミナルの出国審査後エリアにあるフードコートは人気店を集める(撮影:梅谷 秀司)

ところが、羽田空港においては、北米から東南アジアを結ぶ便において、一部羽田での乗り継ぎ需要があるものの、基本的には同日乗り継ぎがほとんどで、翌日にまたがる国際線同士の乗り継ぎはかなり限られている。シンガポールのチャンギ国際空港や台北の桃園国際空港などで、国際線同士の乗り継ぎ時に入国せずに泊まれる便利なホテルとしてトランジットホテルが定着しているのとは対照的だ。

羽田では現在、日米路線の発着が深夜早朝帯に限られている。昼間帯の発着枠は確保されているが、日米政府間の調整が難航しているため、羽田から昼間帯に米国便が飛ぶまでには時間がかかりそうだ(関連記事「羽田から昼間帯の米国便が飛ばない事情」)。よって、羽田のトランジットホテルは将来的に必要な施設になると見込まれるものの、現在は宝の持ち腐れになっている感が否めない。

モバイル機器の充電環境は世界でもピカイチ

逆に羽田が国際空港として評価できる点も少なくない。たとえば、モバイル機器の充電環境。今や携帯電話をはじめとするモバイル機器を誰もが持ち歩く時代。羽田は空港内の至る所でコンセントが使えるようになっており、モバイル機器の充電に困らないのだ。これは世界的に見ても非常に優れており、特に外国人観光客の評価が高い。

また、今春、出国審査後エリアにオープンしたばかりの「TOKYO SKY KITCHEN」は、「六厘舎」や「叙々苑」をはじめとする人気店を集めたフードコートのクオリティが高い。

都心に近く、24時間空港という利点を最大限活かすことができる日本の玄関口である羽田空港が、世界中を飛び回る日本人のみならず外国人も含めたビジネスパーソンに愛される空港になることの意義は大きい。「スピーディかつスマートな空港」を目指して、もう一段の改善を望みたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT