関空の鉄道再開、復旧はどこまで進んだか

21日には第1ターミナルも全面回復へ

第1ターミナル4階国際線チェックイン(香港エクスプレス)(筆者撮影)

9月4日に近畿地方を襲った超大型の台風21号。その直撃により大きなダメージを受けた関西国際空港(大阪府泉佐野市)の復旧が、ようやく本格化してきた。

南海電鉄とJR西日本は9月18日、台風21号の影響を受けて運休していた「りんくうタウン―関西空港」駅の区間で鉄道の運転を全面再開した。強烈な風によって連絡橋にぶつかったタンカーによって損傷していた線路の修理には、当初は1カ月程度を要するというような見方も一部であったが、2週間で復旧にこぎつけたのは、関係各所の多大な努力があったに違いない。

ここまでの状況と今後の見通し

関空をめぐるここまでの状況と今後の見通しを以下に整理してみよう。

9月4日(火):台風21号が直撃。滑走路や第1ターミナル、貨物エリアなどが浸水し、ターミナル内が停電。タンカーが連絡橋に衝突したことで台風通過後も関空島は孤立状態に

5日(水):約7000人の空港滞留者の脱出が始まる。交互通行の形で損傷のなかった連絡橋の片側を使い、連絡橋の走行を緊急車両などに限って再開。神戸空港への高速船および南海電鉄泉佐野駅へのシャトルバスは大混雑で10時間以上待たされたケースもあった。深夜に脱出希望者全員が島外へ出た

7日(金):第2ターミナルとB滑走路を使ってピーチ・アビエーションとJAL(日本航空)が一部便で運航を再開(翌日より全日本空輸<ANA>も運航再開)

14日(金):第1ターミナルが部分再開し、A滑走路も使用可能に。国内航空会社に加えて、海外の航空会社の運航も徐々に再開した

18日(火):南海電鉄・JR西日本が運休していたりんくうタウン駅と関空駅の区間で運転を再開。定期便の運航も通常の50%までに回復

21日(金):第1ターミナルの全面復旧により、定期便全便の運航を受け入れられる状態に戻る予定

来年のゴールデンウィーク前後:連絡橋完全復旧を予定。ただし、対岸から関空までは2車線化になる予定で走行車両の緩和が検討される

次ページ関空の機能は着実に回復してきている
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。