羽田から昼間帯の米国便が飛ばない事情

10月就航のユナイテッドも深夜便

羽田発の米国線はすべての便が深夜早朝帯の発着となっている

米航空大手、ユナイテッド航空は5月12日、東京・羽田空港とサンフランシスコを結ぶ路線を10月28日から新たに就航すると発表した。ユナイテッドが羽田から路線を設けるのは初めてのことだ。

同路線の運航スケジュールは羽田発が0時05分、サンフランシスコ着が現地時間の17時15分(飛行時間は約9時間10分)。帰りは現地発が18時35分、羽田到着が22時05分(同約11時間30分)。行き帰りとも、羽田を深夜早朝時間帯(22~翌7時)に発着する便となる。

増便から抜け落ちた米国路線

羽田では今春から国際線が大幅に増便された。使い勝手のいい昼間帯(7~22時)の発着は従来、中国、台湾、韓国といった近距離アジア路線に限られていた。ここに、これまで深夜早朝発着しかなかったロンドンやパリ、バンコク、シンガポールなどの中長距離路線が加わり、新たにミュンヘンやバンクーバー、ジャカルタ、ハノイなどへの直行便も飛ぶようになった。

ところが、今回の羽田国際線の増便では肝心の路線が抜け落ちた。昼間帯の米国線だ。

言うまでもなく、日米路線はビジネス、観光ともに往来が活発。にもかかわらず、2014年夏ダイヤを見ると、羽田の米国線は深夜早朝帯の週49便しか飛んでいない。今秋から就航するユナイテッドの羽田―サンフランシスコ線も深夜発着だ。一方で、成田国際空港からは週約350便の米国便が飛んでいる。もし首都圏から昼間の時間帯に米国に行こうとすれば、成田を利用するしかないのが現状だ。

次ページ羽田の利便性を享受できない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。