羽田から昼間帯の米国便が飛ばない事情

10月就航のユナイテッドも深夜便

羽田発の米国線はすべての便が深夜早朝帯の発着となっている

米航空大手、ユナイテッド航空は5月12日、東京・羽田空港とサンフランシスコを結ぶ路線を10月28日から新たに就航すると発表した。ユナイテッドが羽田から路線を設けるのは初めてのことだ。

同路線の運航スケジュールは羽田発が0時05分、サンフランシスコ着が現地時間の17時15分(飛行時間は約9時間10分)。帰りは現地発が18時35分、羽田到着が22時05分(同約11時間30分)。行き帰りとも、羽田を深夜早朝時間帯(22~翌7時)に発着する便となる。

増便から抜け落ちた米国路線

羽田では今春から国際線が大幅に増便された。使い勝手のいい昼間帯(7~22時)の発着は従来、中国、台湾、韓国といった近距離アジア路線に限られていた。ここに、これまで深夜早朝発着しかなかったロンドンやパリ、バンコク、シンガポールなどの中長距離路線が加わり、新たにミュンヘンやバンクーバー、ジャカルタ、ハノイなどへの直行便も飛ぶようになった。

ところが、今回の羽田国際線の増便では肝心の路線が抜け落ちた。昼間帯の米国線だ。

言うまでもなく、日米路線はビジネス、観光ともに往来が活発。にもかかわらず、2014年夏ダイヤを見ると、羽田の米国線は深夜早朝帯の週49便しか飛んでいない。今秋から就航するユナイテッドの羽田―サンフランシスコ線も深夜発着だ。一方で、成田国際空港からは週約350便の米国便が飛んでいる。もし首都圏から昼間の時間帯に米国に行こうとすれば、成田を利用するしかないのが現状だ。

次ページ羽田の利便性を享受できない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT