ANAが推し進める、CA大量採用の勝算

国際線輸送力トップ奪取の余勢を駆る

ANAは今年度だけで800人強のCAを新規に採用する計画だ(写真は4月の新制服発表会)

全日本空輸(ANA)が、客室乗務員(CA=キャビンアテンダント)の大量採用に動いている。

同社は6月3日、CA100人程度を中途採用すると発表。同日、募集を開始した。6月時点で専門学校、短大、高専、大学・大学院を卒業・修了している既卒の人材が対象で、東京、大阪、福岡で選考し、10月以降に順次入社させる。ANAが「長期社員」と呼ぶ、一般的に雇用期間の定めのない正社員での雇用形態となる。

今年度で2度目の中途採用

実は今年度(2014年度)入社という点で見ると、中途採用は2回目だ。前回は2013年12月に募集を始め、260人程度を採用した。2014年4月には456人の新卒CAも加わっており、この1年で800人強のCAを新規に採用することになる。2015年4月には、さらに500人程度の新卒CAが入社を予定している。

ANAのCAは6月時点で約6400人。退職や育児休職などに伴って変動も想定されるが、単純計算では2015年春時点で7000人近くまで増える。ANAによれば、中途CAの中にはほかの航空会社に勤務していた人材もいるが、募集要項では特段の業務経験を求めていないため、まったく畑違いの業界から入ってくるケースも少なくないという。

1995~2013年度までに入社したCAについては雇用期間の定めがある契約社員としての採用だったが、2014年度入社以降のCAは長期社員(正社員)に切り替えた。契約社員を正社員化するということは、長い期間にわたる雇用を約束することであり、それなりにコストもかかってくる。

次ページ大量採用の背景とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT