ANAが推し進める、CA大量採用の勝算

国際線輸送力トップ奪取の余勢を駆る

直近の大量採用は正社員化したうえでの話だ。また同じ年度にCAの中途採用を2回も行うというのは、少なくとも過去5年間にはなかった。つまり、今のANAはそれだけ強気に動いているということだ。背景には、ここ数年で国際線ビジネスを一気に広げる計画と、ANAがすでに得ている成果がある。

同社は2月に発表した中期経営計画で、最終年度にあたる2016年度に国際線収入を5485億円と、3年間で45%も増やす計画をブチ上げた。この春、羽田空港の国際線発着枠の大幅拡大により、ANAの羽田発着国際線は従来の10路線13便から17路線23便に増えた。

今年4月、国際線の輸送能力で初めてANAがJALを抜いた

今回の羽田国際線の発着枠拡大は、従来のようなライバルの日本航空(JAL)との折半による割り当てではなく、JALの5枠に対してANAは11枠を獲得。

その結果、ANAグループの国際線の座席数と運航距離を掛け合わせた輸送能力は、4月に40億座席キロ・メートルを超え、前年同月比で3割近く増えた。しかも、38億座席キロ・メートル台のJALを月次ベースで初めて上回ったのだ。

ANAはこの勢いに乗って、今後は成田空港を軸に国際線のネットワークを拡大していく方針で、JALが就航していない国・地域への就航も模索している。東南アジアが有力だ。その要員を確保するために、CAを大量採用する。

旅客数ではまだJALが先行

とはいえ、国際線ではJALに一日の長がある。4月の国際線旅客数はANAの55万0975人に対し、JALは60万7441人。輸送能力ではJALを上回っているものの、実際に搭乗している旅客数でも差を埋め、逆転できなければ、ANAのもくろむような収益拡大には結び付かない。

「過去4年でANAは国際線の収入を約4割増やしてきたが、これには破綻したJALが落とした需要を取り込んだ側面もある」(金融機関幹部)という指摘もある。国際線には、たとえばテロや伝染病、金融危機などのイベントリスクがつねにあり、輸送能力に比例してリスクは大きくなる。

それでも、収益拡大に奔走するANA。急成長するアジアの旅客をどれだけ呼び込めるかが、カギとなりそうだ。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT