物価の上昇は賃金の上昇に結びつくのか

日本銀行の緩和政策の効果に疑問

貿易赤字となり円安のプラス効果は出にくい

企業の想定よりも実際の為替レートが円安になれば収益は上方修正になる、と反射的に考えてしまうが、こうした貿易収支が黒字だった時代の公式は見直す必要がある。輸出入ともに外貨建て取引の多い日本では、円安になれば輸出金額も輸入金額も円ベースで拡大する。かつては想定以上に円安になると貿易収支黒字が円ベースで膨らむことになり、企業収益は輸出企業のプラスが輸入企業のマイナスを上回り、差し引きでプラスだった。

しかし、現在では貿易収支は赤字だから逆のことが起こって、想定以上の円安になれば貿易赤字は拡大する。円建て比率は輸出が36.5%で輸入は20.5%(2014年度上半期実績)と輸出の方が高い。このことを考慮し、1割円安になる効果を単純計算すると、2013年度の貿易赤字が約11兆円だったものが、13兆円へと約2兆円も拡大することになる。

長い目でみれば円安によって国内では輸入品が割高になって輸入数量が減少し、海外では日本製品が割安となって輸出数量が増加するので、貿易赤字を縮小させる効果があるはずだ。しかし、現実には輸出数量はそれほど伸びておらず、少なくともこれまでのところでは円安のプラス効果がはっきりと目に見える形で出てきている訳ではない。

黒田総裁の「できることは何でもやる」という強い言葉とは裏腹に、今後さらに緩和を強化するハードルは高まっている。追加緩和を決めた政策決定会合では票が割れて、賛成5対反対4という僅差であった。日本経済が望ましい状態に移行できるかどうかは、物価上昇が賃金の増加に結び付くかどうかにかかっていると考えられる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。