露骨になってきた、「公的相場操縦」の行方

日経平均株価は2万円以上が確実に?

今週は、競馬カレンダー的には、秋のGⅠ連戦の中の小休止の週だ。予想対象のレースはアルゼンチン共和国杯、ハンデ戦のGⅡ(11月9日、東京競馬場第11レース)だ。肩の力を抜いて秋シーズンの馬券戦略を点検しつつ、幸運をゲットして、残りのシーズンの資金を稼ぎたい、といった手前勝手なイメージが浮かぶ。

「狙いたくなる馬のイメージ」から、ホッコーブレーヴで

ハンデ戦だけあって、1番人気はそれほど強くない。しかし、それなりの伝統と重量感があるレースで、55キロ〜57.5キロくらいの、そこそこに背負わされた馬が実績を挙げている。

「実績・地力があって、前走あるいは前々走にタイム的には小差ながら着順を落としている、東京コース向きの馬」というのが、狙いたくなる馬のイメージだ。本命はホッコーブレーヴだ。春の天皇賞3着と長距離実績と格は十分、左回りの芝で4勝、2着2回と、ここは適鞍だ。宝塚記念以来の休み明けだが、過去鉄砲でもよく走っている(休み明け6回中、2勝、2着2回)。

対抗に重賞2勝の実績があるハーツクライ産駒フェイムゲームを採る。東京コースではダイヤモンドステークス勝ちがあり、距離も守備範囲だ。秋にオールカマーを1回使っているのもいい。

ほぼ同格の3番手はラブリーデイだ。同コース・距離の春の目黒記念で1番人気に支持されており、この時は0.2秒差の5着だったが、今回は鞍上がルメールに強化された点を買いたい。

上位3頭は何れもハンデ57キロである。ハンデ戦なので、相手も手広く可能性を考えたいところだ。トップハンデ58キロの自力あるデスペラード、前走大敗だが一戦叩いて56キロをもらったマイネルメダリスト、左回り走る55キロのスーパームーンまで手を拡げる。

 馬券は力まずに、薄く広くが基本戦略だ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT