予算編成に新たな難題浮上、B型肝炎集団訴訟の和解金支払いが数兆円規模に

予算編成に新たな難題浮上、B型肝炎集団訴訟の和解金支払いが数兆円規模に

2011年度の予算編成において、新たな難題が浮上してきた。今年3月に札幌、福岡両地裁で和解勧告が出されたB型肝炎集団訴訟の和解金支払いだ。

国側は慢性肝炎患者1人あたり500万円、肝硬変や肝ガン、死亡した患者は1000万円から2000万円の範囲で調整していると報道されており、櫻井充・財務副大臣は7日の定例記者会見で「推定で数兆円レベルに達し、捻出するのはかなり大変。あまりに大きな規模になるなら、予算の削減や増税も考えないといけなくなるかもしれない」と述べ、懸念を示した。

ただ、国による金銭的な補償が受けられる疾病とそうでない他の疾患とのバランスの問題もある。櫻井副大臣は「軽んじるつもりは全くない」とも述べており、重い決断を迫られることになりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。