予算編成に新たな難題浮上、B型肝炎集団訴訟の和解金支払いが数兆円規模に

予算編成に新たな難題浮上、B型肝炎集団訴訟の和解金支払いが数兆円規模に

2011年度の予算編成において、新たな難題が浮上してきた。今年3月に札幌、福岡両地裁で和解勧告が出されたB型肝炎集団訴訟の和解金支払いだ。

国側は慢性肝炎患者1人あたり500万円、肝硬変や肝ガン、死亡した患者は1000万円から2000万円の範囲で調整していると報道されており、櫻井充・財務副大臣は7日の定例記者会見で「推定で数兆円レベルに達し、捻出するのはかなり大変。あまりに大きな規模になるなら、予算の削減や増税も考えないといけなくなるかもしれない」と述べ、懸念を示した。

ただ、国による金銭的な補償が受けられる疾病とそうでない他の疾患とのバランスの問題もある。櫻井副大臣は「軽んじるつもりは全くない」とも述べており、重い決断を迫られることになりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。