ウクライナより深刻?「岸田リスク」を総点検する 岸田内閣は短命のほうが日本のためになる?

印刷
A
A

2月27日の日曜日には中山記念(中山競馬場第11レース、G2)が行われる。伝統ある格式の高いレースで、G1でもいいのと思うのだがG2だ。

1800メートルは非根幹距離という扱いなのだろう。ただし、今年はやや手薄なメンバーだ。

中山記念の本命はダノンザキッド

常識的な予想だが、ダノンザキッドを本命に採る。前走のマイルチャンピオンシップ(G1)は気性難を出さずに3着に好走した。1ハロン伸びて追走が楽になるこの条件は有利だ。共に積極的なレース運びをする横山武史騎手が鞍上のアドマイヤハダルを目標に、川田将雅騎手が抜け出すのではないか。

対抗はこのアドマイヤハダルで、2頭の馬券が本線だ。

単穴には先行すると強いパンサラッサを抜擢する。早めに追いかけられると苦しいが、たぶん2番手につけるコントラチェックとの先行馬どうしの馬券もペースが緩んだ場合を楽しみに少々買っておきたい。

以下、同条件のスプリングステークス勝ちがあるガロアクリークを押さえる。

(当記事は「会社四季報オンライン」にも掲載しています)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT