イオンが鳴らしたドラッグストア再編の号砲 「4社統合で業界首位」の先に見据える野望

印刷
A
A
「ドラッグストア業界は短期間で上位への集中化が進む」と岡田元也イオン社長(撮影:今井 康一)

実際、22日の記者会見で、ウエルシアの池野隆光会長も何度も「垣根」を口にした。「今後は垣根を下げて一緒に商品開発をしていきたい。今まではイオンが持っているスーパーのノウハウを導入できていない」と明かした。

統合後もイオンとの物流ロットや業態の違いのほか、乗り越えるべき多くの問題が立ちはだかる。ウエルシアはイオンの完全子会社になるわけではなく、統合後も東証1部上場が維持され、屋号も当面は残る見通しであり、イオンがグリップを握れるかは不透明だ。

営業益ではまだ業界5~6番手

また業界首位の座も安泰ではない。マツキヨを抜くとはいえ、売上高3000億~5000億円台に7~8社がひしめく群雄割拠状態は変わらない。そのうえ、単純合計した営業利益は166億円と5~6番手であり、収益力で見劣りする。

市場環境も不透明だ。ドラッグストア業界は成長を続けているとはいえ、そのスピードは鈍化してきている。出店余地も狭まってきており、市場を席巻するには次の一手が重要だ。「ドラッグストア業界は今後M&Aが増えていく。おそらく短期間で上位への集中化が進む」。22日の会見で岡田社長は、さらなるM&Aにも意欲を見せた。

ツルハHDが参加しない今回の4社統合は、インパクト不足との評価も(撮影:今井康一)

意中の相手はツルハホールディングス――。それが関係者の専らの見方だ。北海道を地盤にするツルハはイオンが13%の株式を保有し筆頭株主。業界3位(売上高3884億円)だが、営業利益はマツキヨを上回る241億円をたたき出すなど、業界屈指の高収益企業だ。

ツルハについて業界関係者は、「業界ではみんなが参考にする優秀な会社だ」と口々に話す。会見でツルハについて聞かれた岡田社長は「(鶴羽樹会長は)第一級の経営者であることは間違いない。敬意を持ってこれからも変わらず接していきたい」と慎重に言葉を選んだ。

はたしてどういう青写真を描いているのか。岡田社長の野心は絶えない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT