AKB48が、「非メディア頼み」でも強い理由

意外に地道だからこそレジリエントな仕組み

これは、ひとつのプラットフォームビジネスだともいえます。プラットフォームとは、元は自動車のシャーシ(車台)に由来し、ひとつのフレームで複数の車種を生み出すことからプラットフォームと名付けられたと言います。ここから転じてITの世界で、ひとつのシステムの上で多様なサービスを実現する仕組みのことをプラットフォームと呼ぶようになりました。AKBとは、各メンバーが多様な成長を見せ、ファンとの関係を作っていくためのプラットフォームであるわけです。

AKBというプラットフォームの上でメンバーが成長するドラマツルギーを運営していくために必要なのが、さまざまな差別化要素です。選抜における順位とか、どういう企画グループに抜擢されたとか、そうした各メンバーの成長劇をわかりやすくするためにこそ、すでに説明したような複雑な構造は、AKBの中に生まれたのです。

AKB48にまつわる物語は、ファンの数だけ存在する

ファンに対してAKBでは、チームや48全体を推すというより、メンバーをひとり決めて推すよう、むしろ促しています。そうしたAKBの各メンバーを見守るファンの視線は、各メンバーを支えたいという気持ちに満ちあふれてきます。

そもそもコミュニケーションの本質として、コンテンツの「意味」は見る側の事情によって大きく変わります。ひとつの映画や小説に多様な感想があるように、ひとりのアイドルの成長劇について、ファンそれぞれが見いだす意味合いは個々に違います。ファンが描くメンバーに見る自分なりの理解、その唯一性がファンたちを引き込んでいきます。

そして、ファンが自分が推す特定のメンバー(いわゆる推しメン)を応援する中で、彼女たちの成長劇は、自分の応援との相関関係でとらえ直されます。こうして、自分と推しメンの関係は「物語」化し、ファンたちを深くとらえるのです。

ファンが推しメンとの間で体験した「物語」は、そのファンにとって独自の、唯一無二の歴史であり、ファンにとってかけがえのないものになります。いやいや、そこで、推しメンのほうはそのファンのことを知らないだろう、ファンなんて大勢の中のひとりで、両者がお互いを認識しないと「物語」なんて言えないだろう、と論じてはなりません。そんなことは百も承知でそれを見ないというのが、人間がつねに持っている「イデオロギー」というもので、それを言ったところで無粋という以上の意味はないのですから。

だいたい、本論を読んでいてくれるだろうオジサンビジネスマンだって、いろんな「イデオロギー」にまみれているものです。たとえば、会社に精いっぱい尽くせば報われる、とか。いや、これは言いすぎましたか。

「握手」の意味、性別を超えた「友情」や「親愛」

ただ、それを補強するような仕組みをAKBが準備していることが重要です。AKB総選挙の「投票権」や「握手券」をCDに封入して販売し(ここで販売して いるのはCDか「投票権」「握手券」か、という質問はしないでください。けっこう微妙なので〈苦笑〉)、ファンの「推す体験」性を高めています。

特に「握手券」でメンバーと握手ができる「握手会」は重要です。人間のコミュニケーションの中で最も深い接触コミュニケーションの中で、アイドルが唯一できることは「握手」です。

次ページ「握手」だけは性別を超えた接触コミュニケーション
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT