KDDIの新構想は、スマホの中に"山手線"

ユーザー規模4100万人のアライアンス

新しい構想の特徴として、旗振り役であるKDDIが”黒子”に徹している点が挙げられる。KDDIの田中孝司社長は10月16日の発表会見でも「今日の発表は、auということを忘れて聞いてください」ときっぱり。参加企業の関係者が集結して披露されたサービスメニューの中に、auやKDDIのロゴを目にすることはなかった。森岡氏も「オープンインターネットの取り組みで、auがどうといったことはあまり考えていない」と話す。

露出を抑えているのは、プラットフォームの狙いがKDDI以外のユーザーとの接点を持つことにあるからだ。KDDIでは自社向けコンテンツサービス「auスマートパス」(会員数1100万)を展開するが、これだけでは他社のユーザーにリーチできない。とはいえ、携帯電話会社のサービスを他社に開放してヒットした試しもない。そこでKDDIは黒子に徹し、プラットフォームを提供することで、他社ユーザーにもリーチしようと考えた。

集客拡大を優先、収益化は未定

高橋誠専務は「今後、アクセスしたユーザーのデータを分析して送客の仕組みを変えたり、サービス改善に生かしたりする。電子マネーサービスなどリアルとの連携も考えている」と話す。もっとも、ユーザーとの接点をうまく作れたとして、そこからKDDIとしてどのようなビジネスに結び付け、収益化していくかという点は未定だ。

さらに、今回参加した12社が本当に各ジャンルの”強者連合”なのか、ユーザーは各サービスに共通するサイドメニューを活用できるのかといった点にも疑問が残る。森岡氏は「第2弾、3弾と発表していきたい」としている。携帯会社の発想から離れた”山手線”のプラットフォームは、いったいどれだけの人の往来を創出できるのか。収益化も見据えるならば、KDDIにとって難易度の高い挑戦となりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
空調機器で断トツ狙う<br>ダイキンの世界制覇戦略

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進。2010年に空調で世界一になり、業績も右肩上がり。日本の電機メーカーが海外で勝てなくなって久しい。なぜダイキンは勝てるのか?