KDDI、スマホでつなぐリアルと仮想

森永製菓、東急電鉄などと新サービス

KDDIがスマートフォンを使った、新しいサービスを始めた。実際の風景とバーチャルな情報を組み合わせて、ネットから商品の詳しい情報を得たり、部屋に家具を配置するといったさまざまなシミュレーションなどができる「拡張現実」がそれだ。英語で記すと「Augmented Reality」。ARと略される。

KDDIは1月17日、商品のパッケージやカタログ、ポスターなどを活用したAR情報サービスのトライアル提供を開始した。まずはカンロや東急電鉄、富士急ハイランド、森永製菓など16社と連携してサービスを提供する。

FacebookやTwitterとも連動

このサービスでは、ユーザーが専用アプリを使って、対応する商品パッケージや本、カタログなどにスマートフォンなどの端末をかざす。すると、その商品自体のホームページやフェイスブック、ツイッターのアイコンが浮かび上がり、リンク先にアクセスすることができる仕組みだ。ネットから商品を購入することも可能だ。

KDDI研究所が開発した「大規模画像認識技術」によって、最大約10万件の画像データベースから画像を検索できるという。記者が、実際にカタログやスナック菓子、本などにスマホをかざしてみると、1~2秒程度で商品を認識することができた。画像を認識すると、アイコンが出現し、クルクルと商品の回りを回転していく。ここから他のサイトにジャンプできる。

次ページ引っ越し先の家具を仮想で配置
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT