KDDI、大規模通信障害の教訓

スマホ急増でトラブルの影響は甚大に

年末年始に通信障害を連発し、波乱の年明けを迎えたKDDI。16日に都内で会見を開き、技術統括本部、運用本部長の内田義昭氏と新規事業統括本部、新規ビジネス推進本部長の雨宮俊武氏が登壇。障害の原因や対策について説明した。

東洋経済オンラインは、年末年始の障害など今回の経緯について、こちらで報じている。

瞬間的なアクセス集中がきっかけ

まず12月31日未明の障害だが、きっかけとなったのはLTE(次世代高速通信)対応端末からの瞬間的なアクセスの集中(スマホの各種アプリによる自律的なもので、アクセス集中直前の約7倍に増加した)だった。

利用者を認証する「加入者プロファイルサーバ」に許容量を超えるデータが集中し、応答の遅延などが発生。さらに、信号の中継装置と制御装置の間で応答を待つタイマーの不整合もあり、セッションの解放処理が発生した。その後、LTE端末から再接続が増加したことでアクセスが集中し、新規接続ができなくなったという。

一方、1月2日未明の障害は、信号制御装置のアラームが誤発報したことに加え、復旧手順のミスによるものだった。復旧手順書にはアラームに対する措置の項目が抜けていたという。誤って装置全体の復旧措置を実施したため、31日の障害と同様に、LTE端末から再接続の要求が発生し、新規接続ができなくなったという。

次ページ具体的な対策内容は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT