KDDI、大規模通信障害の教訓

スマホ急増でトラブルの影響は甚大に

技術統括本部運用本部長の内田義昭氏は、信号制御装置のタイマー改善やサーバー増強、ソフトウエアの不具合修正などで対策を講じると説明。1月末までにはネットワーク全体の点検を完了させると説明した。「利用者の皆様に本当に申し訳ない。個々の装置は問題なくても、各装置の連携など、ネットワーク全体を総点検しなければならない。1億~2億円の費用をかけ、これまで以上に試験などの対策を強化する」と話した。

認証決済システムのトラブルは対策が完了

また、1月1日に2度発生した「au ID」認証決済システム(決済や年齢認証、加盟店向けの管理機能、そのほか会員機能など)の障害についても、メモリ割り当ての設定が不適切で、システムに大きな負荷が生じたためと説明された。こちらはすでに予防措置を含めた対策が完了しているという。

今回起こった通信障害はKDDIのネットワーク自体の問題で、スマホ移行によるデータ通信量の増加が直接の要因ではなかった。ただし、スマホ契約者が急速に増加する状況では、これに比例して障害が発生した場合の影響度も大きくなる。KDDIには、さらに信頼できるネットワークの構築が課題となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT