KDDI、大規模通信障害の教訓

スマホ急増でトラブルの影響は甚大に

技術統括本部運用本部長の内田義昭氏は、信号制御装置のタイマー改善やサーバー増強、ソフトウエアの不具合修正などで対策を講じると説明。1月末までにはネットワーク全体の点検を完了させると説明した。「利用者の皆様に本当に申し訳ない。個々の装置は問題なくても、各装置の連携など、ネットワーク全体を総点検しなければならない。1億~2億円の費用をかけ、これまで以上に試験などの対策を強化する」と話した。

認証決済システムのトラブルは対策が完了

また、1月1日に2度発生した「au ID」認証決済システム(決済や年齢認証、加盟店向けの管理機能、そのほか会員機能など)の障害についても、メモリ割り当ての設定が不適切で、システムに大きな負荷が生じたためと説明された。こちらはすでに予防措置を含めた対策が完了しているという。

今回起こった通信障害はKDDIのネットワーク自体の問題で、スマホ移行によるデータ通信量の増加が直接の要因ではなかった。ただし、スマホ契約者が急速に増加する状況では、これに比例して障害が発生した場合の影響度も大きくなる。KDDIには、さらに信頼できるネットワークの構築が課題となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。