活用の手本「ロード・オブ・ザ・リング」ロケ地の今 「ホビット村」は公開20年経た今も観光名所に

印刷
A
A

――イベントはどのような様子だったのでしょうか。

当日は約120人ぐらいの方に集まっていただきました。夕方の5時ごろにホビット村のツアーが始まり、それから皆さんに、フルーツや焼きたてのパン、チキンやデザートといったお祝いのためのお食事を用意しました。その後はお食事とともに楽隊が入って生の演奏に耳を傾けたんです。それはまるでパーティーのような雰囲気でしたね。

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』のワンシーン。ガンダルフ率いる9人の旅の仲間たちが歩く場所はニュージーランドのロケ地だ ©2021 WBEI

そしてそこからはパーティー・フィールドの真ん中に大きなスクリーンを設営して、LOTR第1部の野外上映会を行いました。とても幸運なことに当日はお天気も非常に良かったので、皆さまにも非常に楽しんでいただけたと思います。このイベントに、ニュージーランド国内外のメディアの方々が注目してくれたことに驚きましたが、お祝いのムードに満ちた、素晴らしい夜を過ごすことができました。

ラグビー観戦中に撮影隊が訪れる

――映画が撮影された場所で、その映画を観るというのは格別なものなのではないでしょうか。

本当に特別な瞬間でした。実際に映画の中でも、ビルボの誕生日をみんなで祝うシーンがありましたが、その場所にLOTRの仲間たちが集まって映画を観ていると、あたかもそのお祝いの席に自分も参加してるような、そういった非常にノスタルジックな気持ちになって。とても特別な瞬間になりました。

当時の撮影シーン (写真:Hobbiton Movie Set)

――アレクサンダーさんがこのプロジェクトに関わるようになった経緯はどのようなものだったのでしょうか?

このホビット村が作られた場所というのは、もともと、わたしたちが家族で経営していた牧羊地だったんです。わたしの父と兄弟が1978年に入手して、移り住んできた場所だったんですが、そこでは羊や食用の牛などを育てているような、典型的な牧羊場でした。そこに撮影隊の皆さんがロケハンにいらっしゃった。ここがいいのではないか、ということになり、わが家の玄関をノックしたんです。

――突然いらっしゃったということですか。

これは半分ジョークなんですけれども、ちょうどその時というのが、ニュージーランドでは非常にメジャーなラグビーの試合の決勝戦の真っ最中だったんです。わたしの父としては、ちょうどハーフタイムの最中だったこともあり、「はいはい。適当にその辺、自由に見て回っていいですよ。その代わりゲートを開けっ放しにしないように。羊たちがゴチャゴチャにならないようにさえしてくれれば、ご自由にどうぞ」といった感じで。それだけ聞いて、また父は試合を観るためにテレビの前に戻ったというわけです(笑)。

次ページ交渉がスタート
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT