回復道半ば「映画興行」21年の結果と22年の期待作

ハリウッド大作とディズニーが浮上のカギ

「るろうに剣心」シリーズは、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の2作品あわせて70億円近い興行収入を記録 ©和月伸宏/集英社 ©2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

2020年に続き、大きくコロナの影響を受けた2021年の映画興行シーン。年間最後の稼ぎどころとなる正月興行を前に、今年の概況を振り返ってみたい。

2021年の年間の興行収入(売上高に相当、以下興収)は、2000年以降で最低となった昨年(1432億8500万円)を上回りそうだが、史上最高を記録した2019年の2611億8000万円からは大きくマイナスになるのは間違いない。11月までの状況から推測すると、2019年の60%台、2020年の110〜120%となる1600億~1700億円程度にとどまりそうだ。

10月までの興収は昨年比120〜130%で推移

今年も映画館の営業へのコロナ禍の影響は続いたものの、2020年との大きな違いは全国の映画館がクローズし、興収がゼロになるような事態には陥らなかったことだ。

4月25日には3回目の緊急事態宣言による休業要請が4都府県(東京、大阪、京都、兵庫)に出され、6月の制限緩和まで該当地域のシネコンなど大規模映画館は休業を余儀なくされた。夏以降も10月1日の全面解除まで緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が地域ごとに発令されたが、営業時間の短縮や座席数50%までの動員となる制限などはありながらも、興行は継続されてきた。

次ページ​エヴァは100億円超えの大ヒット
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT