【映像解説】深刻化する30代問題--プレッシャーきつく、うつ病患者が多い

【映像解説】深刻化する30代問題--プレッシャーきつく、うつ病患者が多い

うつ病など心の病にかかる人のうち、約6割が30代だ。(日本生産性本部調べ)。

1990年代前半から2000年代前半の就職氷河期に大学を卒業した若者も30代となり、今や中堅社員として会社から期待されている。自分の仕事以外に部下や後輩の指導、そして新規事業の開発と会社からの期待は大きく、プレシャーはきつい。

人材サービスのインテリジェンスが行った調査では、30代のビジネスパーソンのうち、43%が毎月20時間以上の残業を、10%は毎月60時間以上の残業をしている。

世代構成で見ると、30代の上は「バブル世代」。30代から見れば、うっとうしい世代だ。

そして30代の下はいわゆる「ゆとり世代」。30代からから見れば、価値観が異なってつき合いにくい世代と言える。

「バブル世代」と「ゆとり世代」に挟まれて30代はつらい立場にある。

つらい立場にあっても、相談相手がいれば救われるが、30代は就職氷河期に入社したので同期が少ない。これは、相談したり、気楽に愚痴をこぼしたりする相手が非常に少ないことを意味する。

こういった状況では、うつ病にかかる30代が多いのも当然だろう。

最近は「ゆとり世代」が注目されることが多いが、30代問題の方がはるかに深刻かもしれない。

30代問題について東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之が解説する。


人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスマンのための<br>世界史&宗教

世界を深く知るには、歴史と宗教の知識が不可欠です。複雑化するビジネスの羅針盤を、よりすぐりの専門家が伝授します。「四大文明」という概念は否定されているなどの新常識、3大宗教の基本、世界史ベストブックスの超解説などが満載です。