深津絵里の朝ドラ演技が「すごい」と称讃される訳

18歳を演じ「カムカムエヴリバディ」の救世主に

視聴者から「かわいそうで見ていられない」という声が上がり続けていたところに、「こんな悲しい終わり方なの?」という戸惑いが加わり、継続視聴を拒むような声もありましたが、それを食い止めたのが2代目ヒロイン・深津さんでした。

ひさびさの連ドラ出演であるにもかかわらず、18歳をそつなく演じる姿を見た視聴者たちは、驚きとともに「やっぱり凄い」というコメントを次々にアップ。しかも深津さんが演じるヒロイン・るいは素直で素朴なキャラクターであり、住み込みで働くクリーニング店の明るい夫婦とともに、「安子編」の重苦しいムードを一掃してしまったのです。

そもそも同作が発表されたとき、「深津絵里さんが上白石萌音さんの娘役を演じるの?」と疑問視する人が少なくありませんでした。確かに「現在48歳の深津さんが23歳の上白石さんの娘役」というキャスティングは、直接的な共演シーンの有無にかかわらず違和感があります。

では、なぜなのか。やはり「『安子編』の重苦しいムードを引き受けたうえで一変させて視聴者を引きつけ、いい状態で3代目ヒロイン・川栄李奈さんにつなげられるのは深津さんしかいない」ということでしょう。また、深津さんは「母を憎みながら生きてきた苦しさ」「時折、母の記憶がよみがえり複雑な思いに」「自らも母となり、母の深い愛情に気づく」などの繊細な感情表現ができるからこそ、前後の2人をつなぐ2代目ヒロインに選ばれたようにも見えます。

実際、ヒロインを演じる3人のうち、上白石さんと川栄さんはオーディションで選ばれたのに対して、深津さんだけが制作サイドからのオファーでした。制作サイドは明確な狙いのもとに深津さんを最重要ポジションに据え、彼女は「安子編」の重苦しいムードを変えて視聴率を上昇させる救世主となったのです。

メインビジュアルが役作りを立証

振り返ると2010年代は、鈴木保奈美さん、中山美穂さん、石田ひかりさん、常盤貴子さんら、深津さんと同じ1990年代から2000代前半に主役を務めた女優が連ドラに本格復帰しました。彼女たちの出演作が放送されるたびに、称賛の声だけでなく、過去との違いを揶揄する声も上がっていましたが、今のところ深津さんにはほとんど見られません。

次ページ「ただものやない思ってたんや」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT